セフレ掲示板

セフレを作るなら、セフレ掲示板が一番良いワケ。

まずは「女性側もエッチしたいから、出会い系に登録している」という点を抑えておきましょう。

日常のストレス解消の場や、純粋に快楽のみを感じられるセックスがしたい点は、男性側の需要と何も変わりません。

ただし、「誰でもいいからセックスがしたい」という訳ではありません。

セフレを求めている女性は、自分にとって都合がよく、好みのタイプで、さらに面倒な話をしない存在を求めています。

夫に隠れて遊びたい主婦や、欲求不満だけ解消したい看護師や保育士。
一人暮らしで寂しい思いをしている女子大生やOLなど。

目的が一致した相手と秘密のセックスパートナーになれば、お互いに楽しく有意義な時間を過ごすことができます。

風俗や割り切りだと時間の制限もありますし、作業的要素が入るため、盛り上がりに欠けます。

エロい一般人ほど、本気のセックスが楽しめる相手はいません。
素人女子と気軽にマッチングできるのが、セフレ掲示板の魅力です。

ちなみに私の場合、セフレ掲示板の年間成績は3割前後の勝率です。
約30人約束をして、無事にセックスまで辿り着いたのが10人。
その後、継続して会っているのは2人です。

30回打席に立って、打率が3割、その内ホームランが2本と考えれば、悪くないと思います(笑)

 

セフレと出会う場所はネットが一番多い

以前は、会社や合コン、同窓会で再会した元カノというパターンが一般的でした。
ところが、今では「ネット」がダントツの1位。

  • 1位:ネット
  • 2位:合コン
  • 3位:会社


特に出会い系のセフレ掲示板を利用して、セックスに成功している人が増えてきています。

合コンや会社で知り合った女性は共通の知り合いがいるため、周囲に内緒にするにも限界があります。

ですが、出会い系サイトを使えば、好みのセフレを探せる上に、探している事は誰にもわかりません。

スマホの普及で、移動時間やちょっとした空き時間に、相手を探すことができるようになりました。

結果、今までセックスフレンドに興味はあったけど、出会いの場が無かった女性ユーザーの登録が一気に増えることに繋がった訳です。

セフレ募集でオススメしたい出会い系サイト

セフレと出会う場として、出会い系サイトのセフレ掲示板を使う方法が有効的。

ですが「出会い系サイトならどこでも良い」という訳にはいきません。
セフレ探しのスタートは、サイト選びから始まります。

まずは以下のサイトを使うようにして下さい。

  1. PCMAX
  2. ハッピーメール(R18)
  3. ワクワクメール
  4. Jメール

※順不同

いわゆる「大手の優良出会い系サイト」です。

YAHOOマッチング、with、ペアーズなどマッチングサイトは、真面目な恋活・婚活をしている女性が多いので、セフレ作りという意味では不向き。

怪しい無料アプリは、セキュリティの問題があったり、そもそも一般女性が登録していないので論外です。

ナンパ・キャバクラ・風俗が「セフレ探し」に向いていない理由

単純に「ヌキたい!」のであれば、ピンサロなど安い風俗に行くのが一番早い上、費用も安上がり。

単純に「お金をかけたくない」のであれば、ナンパをするのが良いでしょう。
「女の子と喋るきっかけすらわからない」のであれば、キャバクラをお勧めします。

しかし、これらの方法は、セックスフレンドを作ることを目的とする場合、非常に効率が悪いです。

キャバクラや風俗は「店員と客」の関係からスタートするため、プライベートな関係に持ち込むまで熟練の技が必要になります。

ナンパは場馴れするまでのハードルが高いですよね。
「やらせて!」と声をかけるわけにもいきませんし。

どれも頑張った割には結果が出ないので、「もういいや」と、セフレ探しを諦めてしまう事が多くなります。

出会い系を利用する前に!知っておきたい4つのこと

ブラチラ

出会い系でセフレを作るなら、覚えておきたいことが4つあります。

イケメンではなくても全然会える

まずよく耳にするのが「出会い系サイトってイケメンじゃないと出会えない」という声。

確かに芸能人並みのイケメンならマッチング率は高いですが、別に普通の男性でも全然出会えます。

顔面偏差値は普通レベルで、サイトのプロフ画像には顔写真を載せていない人でも、実際にセフレを作っている人はたくさんいます。

また、AV男優並みのセックステクニックも不要。
もし、「絶対、◯◯じゃないと出会えない」という幻想があれば捨てて下さい。

実際に私のことを「イケメンでタイプです」と言ってくれる女性はいませんが、十分に出会えています。

相手は普通の素人女子だと認識する

セフレ掲示板で会える相手は、風俗嬢やキャバ嬢ではありません。

出会ったその日にセックスをする事は決して珍しくはありません。

しかし、「やれて当たり前」と女の子を軽く見ていると、間違いなく失敗します。

まして、会ったその日に、女の子の家に上がり込んでタダマンなんて事は、絶対に無いとは言いませんが、現実として考えにくいです。

セフレもお金がかかる

意外と勘違いしている人も多い点がセフレもお金がかかる点。

もちろんセックスはタダですが、ラブホ代や食事デートの費用。
時には、終電後のタクシー代など、交通費も出した方が良いケースもあります。

時々「割り勘じゃないと嫌」というタイプの女性もいますが、基本的にデート代は負担する気持ちでいたほうが良いでしょう。

出会い系の失敗談も増える

実際に出会い系でセフレ探しをすると、セフレを見つけたり、一回限りのセックスを楽しめますが、失敗談も多くなるのが現実です。

失敗の事例を多い順に並べると、下記になります。

  1. PCMAX
  2. すっぽかし・冷やかし
  3. 割り切り・デリヘル業者
  4. タダメシ目的
  5. 好みのタイプじゃ無かった(デブ・ブサイクなど)
すっぽかし・冷やかし
待ち合わせの約束をしても、半分以上は待ち合わせの場所にいないパターンです。
(なので、出会えるまでは過剰な期待はしない方が良いです)
割り切り・デリヘル業者
無事に出会えたとしても、開口一番「先に条件の○○頂戴」など、約束になかった話をされる可能性があります。
タダメシ目的
ラブホに行く前に食事デートと思ったら、店を出た途端にそのまま消えていなくなるタダメシ目的の女の子の話も耳にします。
好みのタイプじゃ無かった(デブ・ブサイクなど)
全然タイプじゃ無かった場合、その場の雰囲気で各自で判断して下さい。
セックスできるならラッキーと思えればラブホに行くのもアリ。
デブスで地雷を踏んだと思ったら、予想外にテクニシャンだった話もあります(笑)

 

これらの失敗は、「子供の頃に自転車の乗る練習をした時、転んで怪我していたのと一緒」と考えるようにすると、ストレスが減ります。
最初に多少痛い思いをした方が、慣れるのが早いですね。

出会い系でセックスフレンドを作るコツを4つ紹介

胸チラ

出会い系は、なんの知識も無しにただ使えば、セフレができるというものではありません。
前もってセフレができやすくなるポイントを紹介します。

早くセフレがほしいからと、焦らない

まず「焦らない事」が鉄則。

出会い系サイトでセフレを探している女性は警戒心が強く、身バレや不要なトラブルに巻き込まれないよう慎重になっています。

「セフレ募集しています!」と意気込んでセフレ掲示板に書き込んでも、ほとんど反応はありません(デリヘル業者からの返信ばかりです)。

都合の良い女扱いをされることも当然ながら望んでいませんので、軽く扱ってくる男性も嫌われます。

肩の力を抜いて自然体で、書き込みした方が会いやすいです。

初心者は「すぐに会いたい」投稿は避ける

「すぐに会いたい」の掲示板に投稿している女性の半分以上は割り切り目的。
サイト的には禁止事項ですが、現実問題として投稿は多いです。

「それでも出会って楽しいセックスが出来るなら…」

そう思いますが、そのほとんどはやる気のないマグロ女ばかり(苦笑)。

余談ですが、「すぐ会いたい」掲示板で出会った人とラブホに行った際に、こんな事がありました。

  • 挿入中もずっとスマホをいじって、棒読みの喘ぎ声だった人
  • 条件を渡して部屋に入った瞬間、急に体調不良を訴えてそのまま寝ていた人
  • 聞いていない追加条件を要求し、断ると不機嫌になり事務的な手コキしかしなかった人

初心者は「すぐに会いたい」掲示板の利用はしないようにしましょう。

私も出会い系を始めた当初、かなり勉強させてもらいました^^;

割り切り・デリヘル業者の見分け方

迷惑な援助系投稿ですが、どういう内容が多いか記載しておきます。

  • 掲示板への投稿内容が明らかにコピペ
  • 頻繁に掲示板に投稿して、誰でも良いから会いたがっている
  • 直アドを交換した瞬間に、態度が横柄になる
  • メールの内容が「一言・短文」


どれも地雷率高めの内容です。

出会いを求めているというよりも、事務作業に近い感じでやっているのでしょう。

酷い人になると、コピペでしかメールを送ってきませんし、こちらの質問にも応えてくれません。

メールにちょっとした質問を織り交ぜて、ちゃんとした回答が返って来ないようであれば、早めに見切りをつけるのも、リスク回避には重要です。

そして、手っ取り早く援助目的の相手を避ける方法は「書き込みユーザーをブロック」する事。

すぐ会いたい」掲示板に頻繁に書き込みをしている人や、書き込んでいる内容が明らかに条件付きの人は迷わずブロック。

「車の中で短時間希望」など短時間希望系も割り切りなので、セフレに繋がる要素はありません。

都度ブロックするだけで、掲示板もメールボックスもスッキリして、無駄なやり取りをしなくて済むようになります。
最初はちょっと面倒でもやっておく事をオススメします。

会う直前まで頻繁にメールする

実際に出会う直前までに、なるべく多くのメッセージのやり取りをするようにします。

私の経験上、出会う前に一週間近くメールのやり取りができた女性は、ほぼセックスまで持ち込めます。

これは、心理学の「ザイオンス効果(単純接触効果)」と呼ばれるテクニックで、接触回数が多ければ多いほど、相手への警戒心が低くなり親しみが増す心理の応用です。

また、共通の話題や価値観があらかじめわかっていれば、初対面でもスムーズなデートが可能ですからね。

成功率を上げるためにも、頻繁にメールしましょう。

セックスの確率を100%に近づける行動が大事という事です。
1 2

本当に会える出会い系サイト

会えるサイトを一気に紹介しても、どれがいいか悩むので、2つに絞って紹介します。
それぞれ使ってみて、使いやすい方を継続して利用するのがオススメです。
参加者が多く、地方でも会いやすいサイトです。
検索が使いやすいので、相手を絞って探すときに便利。

老舗の出会い系サイトで、使い勝手がとてもいいですね。
ポイントを定期的にくれるので、参加しておくだけでポイントがたまっていきます。

セフレ出会い体験談