出会い系でまさかの美人とセックス!意外な性癖に…

バックでセックスする女性とメッセージ

はじめまして。
後輩から出会い系の使い方を教えてもらい、数人の女性と会えている中年会社員です。

出会い系で美人と会えるものなのか、後輩と話していましたが…。

「ブサイクとまでは言わないですけど、普通の子ばっかりですよ。美人?業者しかしらないっす(笑)」

出会い系歴が長い後輩でも、美女と出会ったことはない…と言っていました。

確かに芸能人並みの美人なら、出会い系で男を探す理由もないでしょう。
そもそも日常生活の中ですら、本当に美人だと言える人を見かける事もまれです。

過度な期待はしない方がいいのは間違いないと思いますが…

時々、本当に美女と会ってしまうから、夢見ちゃうんですよね(笑)
 

出会い系でのプロフはイマイチ微妙

仕事帰りに、駅前のスーパーで惣菜とビールを買って帰宅です。

一人で晩酌をしながらワクワクメールをチェックします。

すると、珍しく掲示板に投稿もしていないのに新着メッセージのお知らせ。

気になります」機能を使ったご挨拶のようなメッセージでしたが、とりあえずプロフィールは見てみます。

正直な感想は、残念ながら…。

まず年が27歳。
自分とは一回り以上離れていて、何を話せばいいかわかりません。

東京の人ですが、プロフィールも空欄が目立ちます。
載せている写真も、イマイチぱっとせず…。

「気にしてくれたことだけでもありがたいな…」

そう思って、その日はそのまま放っておきました。
翌朝、朝食を食べながら再びサイトを見てみます。

「足跡ありがとう…」

昨日の子からのメッセージです。

完全に業者を疑いましたが、メッセージの後半に気になる言葉を発見。

「私、おじさんが好きなので、よかったらメル友になってください」

…ん?メル友?

もしかしてピュア系からセフレを狙える流れ?

ワクメの27歳とメッセ

 
セフレを狙える可能性がわずかでもあれば、話は変わってきます。

イマイチなプロフ写真は気にしない事にして、返信のメッセージ。

こんな年の離れた女の子に逆ナンされるのも、出会い系の醍醐味かもしれません。
 

実際会ってみると、まずまずの美人

出会い系の場合、メル友目的で知り合っても住んでいる場所が近ければ、実際に会う流れになるパターンが多いようです。

「飲みにいきませんか?」

逆ナンしてきたおじさん趣味の女性も、数回のメールの後に向こうから誘ってきました。

週末の夜、仕事終わりの時間に上野で待ち合わせ。

おしゃれな店より、昔ながらの大衆酒場に行ってみたい…というリクエストです。
アメ横にあるガード下の飲み屋を選びました。

上野駅についてメールを送ると、すぐに返事がきました。

「今、アメ横入り口近くのセブンイレブンにいます。メガネかけてるお団子頭です」

待ち合わせメール

 
セブンイレブンに行くと、入り口の横で若い女性がスマホをいじっています。
メガネをかけたお団子ヘアーだったので、

 
「××さんですか?」

「はい。○○さんですね。はじめまして!」
 

と、元気に声をかけてくれました。

プロフィール写真はイマイチでしたが、実物はなかなかの美人。

むしろ、どこかで見たことがあるような…。

一見、地味にみえますが性格もよさそうです。
なんで出会い系をやっているのかな?という第一印象でした。
 

美人だけど、中身はこじらせたおっさん女子

「おじさんが好き」
「出会いがない。あっても続かない」

彼女がそう言っていた理由はすぐにわかりました。

彼女自身の中身がおっさんだったからです(笑)

ビールは美味そうに飲むし、つまみのチョイスも本物のおっさん顔負け。

見た目は20代の若い女の子ですが、会社の同期と飲んでる感覚と変わりません。
彼女自身もその辺がコンプレックスにもなっているようで。

 
「私、おしゃれなカフェとかダメなんですよ」

「恋愛ドラマ観てるより、深夜食堂とか孤独のグルメの方が好きです」

「ホントはメールとか苦手なんですよ」
 

などなど、同世代の仲間と価値観が合わず、それがストレスになっているようでした。

だったら、最初から話の合うおじさんを見つけよう…。
そう思ったのが、出会い系のきっかけだったそうです。
 

美女とのセックスで盛り上がる

アメ横のガード下でいい感じに酔っ払い、上野駅前のラーメン屋台で締めの一杯。

いつもと同じようなことをしているのに何となく楽しいのは、若い子を連れているからでしょうか?

「××さん、もうちょっと遊んで行かない?」

一瞬、困ったような顔はしていましたが、そのままついて来てくれました。

自分でもびっくりするぐらい、スムーズな流れでホテルへ…

ホテルに入ると、さっきまでのおっさん女子が急に大人しくなっています。

「いや~、経験がないわけじゃないんですけどね~…。初対面の人とって初めてで~」

急に照れ出しています。
そういう話なら、ここは自分がリードするべきでしょう。

髪をほどいてメガネを外します。
…ん?どこかで見た事あると思ったら…

やっぱり、若い時の森高千里そっくり!

森高千里
若い頃の森高千里さん

 
居酒屋も比較的暗かったし、服装や髪型も地味だったので気がつきませんでした。

40代の我々にとっては憧れの存在だったアイドル(に似てる人w)が目の前に!

これはテンションが上がらないわけがありません。

「絶対セフレにする!」

勝手に心の中で近い、彼女を抱き寄せました(笑)

照れてはいても嫌がる様子はなく、徐々にヒートアップしていきます。

ソファーに腰をかけてズボンを脱ぐと、一瞬戸惑いながらも素直に咥えてくれました。

憧れのアイドル(に似ている人w)が、フェラをしてくれている光景…。
同世代の男性に申し訳ない気持ちになりましたが、それも束の間…

股間に激痛が!(泣)

あまり慣れていなかったのか、歯が当たったようでした。

しかし、彼女の顔を見るとすでに出来上がっている様子。
歯が当たった事もよくわかっていないのでしょう。

服を脱がせるとますます荒い息遣いになり、身体を寄せて来ます。

ハダカで顔を隠す森高似の美人

 
一回りも下の若い女の子。

しかも、憧れのアイドル(に似ている人w)とセックスができる…
そう考えるだけで、自我を保つのがやっとです。

そのまま興奮に身を任せて、ベッドに押し倒します。

覆いかぶさるように身体を抱きしめると、肩のあたりに急に激痛が…

 
「痛てぇ!」

「…ごめんなさい、またやっちゃいました…。興奮するとつい…」
 

今度は思わず、声をあげてしまいました。

どうやら彼女は噛みグセがあるようで、しかも力加減がよくわかっていないみたいです(汗)

この性癖が原因で振られた事も、1回や2回ではないという話。

確かに痛いのも嫌ですが、痕が残ると遊んでいる証拠になり、具合が悪いので…

「…じゃぁ、仕方ないよね…」

ちょっと意地悪な気持ちが芽生えてしまい、近くにあったタオルで猿ぐつわを。

さすがに彼女も最初は抵抗をしましたが、先ほどより興奮をしている様子は隠せていません。

まさか自分にもSMの趣味があるとは、思わず新たな発見です。

理由があったとは言え、美人の若い子を拘束して攻める機会なんて、普通に考えたらありえない話です。

森高似の美人とバックセックス

 
妻にも感じたことが無かった興奮を覚えてしまい、そのまま朝まで休み無しでした(笑)
 

出会い系で美人と会えただけてよかった

「憧れのアイドル(に似ている人w)をセフレにする!」

こう決めたものの、問題がありました。

例の噛みグセです。
自宅に戻りシャワーを浴びていると、左肩にくっきりと歯型と青あざが…。

運良く歯型は次の日にはほとんど消えていましたが、青あざはしばらく残りました。
自宅に戻る時にも痕が残っていたため、大きめの絆創膏を貼っておき…

妻には「自転車で転んで肩を打撲した」と言って誤魔化しましたが、何回も続くとさすがにバレる言い訳です。

彼女から謝りのメール

 
その後、彼女からお誘いのメールはありません。

自分からも連絡をする事にも迷いがあり、結局、自然消滅。
本音を言えば、悔しい気持ちでいっぱいですが…

やっぱり身の安全が第一ですよね(泣)

セフレ募集掲示板で美女を探す