痴女とのセックスは最高!出会い方や口説き方、セフレ化の方法を紹介

痴女とのセックスは最高!出会い方や口説き方、セフレ化の方法を紹介

痴女とは、わいせつな行為を好む女性のこと。

ノーマルなセックスでは経験できないシチュエーションや卑猥なプレイも、痴女相手なら楽しめます。

男性なら一度は、淫乱痴女とセックスしてみたいはず!

「どこで痴女と出会うのか分からない」
「誰が痴女なのか見分けられない」

そんなあなたのために、私の経験をもとに痴女との出会い方や見分け方を紹介します。

出会った痴女をセフレ化する方法も紹介するので、ぜひご一読ください。

痴女の特徴と見分け方

ペニスをにぎる女性

痴女といっても、皆が露出の多い服で露骨に男性を誘っているわけではありません。

一見地味で普通の女性が実は痴女、なんてこともよくある話。

外見だけでは判断するのは禁物です。

以下で痴女の特徴や見分け方を紹介します。

以下の項目に該当すればするほど、痴女の可能性が高くなりますよ。

痴女は距離が近い

男女が並んで座る時、通常は数十センチの間隔をあけます。

しかし、痴女の素質がある女性はスキンシップを好むもの。

  • 肩と肩が触れ合うくらいの距離に座ってくる
  • ボディタッチが多い
  • 足を頻繁に組みなおしたり、モゾモゾと座りなおす

こういう女性を見つけたら、痴女要素高めのサイン。
積極的に口説きましょう。

ちなみに、口説く際は女性の腰に手をまわすのがコツです。

これによって女性が発情し「早くエッチしたい」という気持ちになりますよ。

王様ゲームをする

飲み会の席では王様ゲームをするのが有効です。
この時、痴女が王様なら命令が下ネタになりがち。

  • ○○番と△△番がキス
  • ○○番が△△番のお尻を叩く

こうした下ネタの命令を出すのは、その人自身がアダルトな展開を望んでいるから。

かなり確度の高い痴女サインなので、見逃しては損ですよ。

2ショット写真を自撮りする

2ショット写真を自撮りする場合、フレームの都合から被写体の二人は近づく必要があります。

これを利用して、女性の肩を抱いてみましょう。

その際、下記の行動をしてくる女性の場合、痴女である可能性は大です。

  • 女性の方も肩を抱いてくる
  • 首をもたれて密着してくる

これは簡単に作れるシチュエーションなので、どんどん活用してくださいね。

下着のラインをチェックする

痴女はいつセックスしてもいいように、常に臨戦態勢です。

生理中以外は毎日勝負下着をつけている、なんてことも。

特にTバックを履いている痴女が多いですね。

しゃがんだ時などにお尻に出る下着のラインは要チェックです。

スタイルを褒める

スタイルを褒めた時の反応からも、痴女を判断できます。

どこか特徴的なパーツを見つけて、褒めてください。

「お尻の形がカワイイ」
「ウエストのくびれがキレイだね」

女性が素直に喜んだら、痴女要素大です。

「ウフフ、ありがとう」
「よく言われるー」

などと言いながら、得意げにポーズをとる人もいます。

一方、普通の女性はリアクションが控え目。
褒めてもサラッと流されたら、見込み薄かなと。

痴女は身体的特徴を武器にしてます。
どんどん褒めてその気にさせてくださいね。

痴女との出会い方

フェラチオする女性

ここからは、実際に私が試して効果のあった出会い方を紹介します。

  • よく出没するスポットに身を置くこと
  • ターゲットを絞ること

この2点に注目してください。

クラブで丈の短いスカートを履いている女性

クラブは痴女をみつけるのに効果的です。

クラブ内は人が密集するため、痴漢行為が頻発します。
そのため女性は、スカートよりもズボンを履く方が無難…。

にも関わらず、丈の短いスカートを履いている女性。
これはかなりの確率で、男あさり目的の痴女です。

痴漢されるリスクより男性の目にとまるメリットを優先してるのですから、臆することなく声をかけましょう。

クラブでは男性の方から積極的に声をかける必要があります。

海やスキー場でくつろいでいる女性

海とスキー場は定番のナンパスポット。
リゾート地は女性を開放的な気分にしてくれますから、口説きやすくなります。

女性側もそれを理解した上で来ているので、痴女率は高め。

ただ座ってくつろいでいる女性は、確実にナンパ待ち。
ワンナイトも期待しています。

当然これまでに何度もナンパされてセックスしてきたはずなので、痴女の素質が開花してる可能性は高いですね。

ただし定番のナンパスポットだけに、ライバルは多く激戦。
フラれ続けてもめげずにナンパするメンタルは必須です!

ナンパはノリの良い感じでアプローチです。

相席バー・相席ラウンジの常連

近年流行りの相席バー・相席ラウンジも痴女との出会いが多いスポットです。

ほとんどの相席バー・相席ラウンジが女性無料。

そのため女性たちは「タダだから来た。出会いは求めてない」と言いますが…
あくまでもそれは建前。

「好みの男に口説かれたら、セックスしてもいい」

これが本音です。

ただし、相席バーや相席ラウンジはそれなりに費用がかかります。

長時間相席してフラれることもあるので、費用対効果は低めですね。

夜勤のある仕事をしている女性と合コン

性欲の強さという意味では、夜勤のある仕事をしている女性との合コンがおすすめです。

  • 生活のリズムが不規則になると性欲が増す
  • 夜勤があることで出会いが少なくなり、男性に飢えている

どちらも仮説に過ぎませんが、私の経験上痴女率が高いのは確かです。

夜勤のある仕事といえば、「看護師」「介護士」「コールセンター」など。

これらの職業は女性率が高いので、合コンのメンバーには苦労しません。

容姿の面で期待外れなことの多い合コンですが、頻繁に開催すれば好みの痴女はきっと見つかります。

出会い系サイト

時間と費用の効率化を考えるなら、出会い系サイトを利用するのも一つの手。

ネットという環境が女性を大胆にするのか、アダルトな会話で盛り上がることもしばしば。
宇都宮の痴女とセックスにもあるように、簡単に痴女が見つかります。

ただし、ペアーズやOmiaiなどのマッチングアプリは痴女探しには向きません。

真面目に恋活・婚活している女性が大多数だからです。
そもそもアダルト禁止ですしね。

痴女と会いやすい出会い系サイトは、PCMAXJメールハッピーメールなどがあります。

痴女をセフレにするには

ペニスをにぎる女性

痴女と出会い、セックスを楽しむことは割と簡単です。

痴女はその場の雰囲気で、不特定の男性とワンナイトを楽しむことが多いですからね。

しかし、痴女をセフレとしてキープするとなると多少のコツが必要。

セックス経験豊富な痴女をキープするために、私が実践している方法をお伝えします。

「またエッチしようね」とはっきり言う

痴女は「複数の男性と遊びたい」タイプが多く、特定のパートナーに縛られることを嫌います。

なので、自分にとって都合の良い男性はウェルカム。

女性が素直になるセックス直後、こんな感じで仕掛けてください。

「めっちゃ気持ち良かった」
「私も♡」
「またエッチしようね。いつでも連絡して」
「いいの?」
「うん、大歓迎」

はたから見ればセフレでも、痴女にとって便利な男でいることが重要。

痴女に主導権を渡すことで、スムーズにセフレ化できます。

より過激なセックスに誘う

最初にセックスをした後、ベッドの中で痴女を誘惑するのも有効です。

「今度はもっと過激なプレイに挑戦してみない?」

当然痴女は興味を示すので、その場で次に会う日を決めればOK。

反応が良ければ、その場でプレイを続行するのもアリ。

「何かやってみたい体位とかプレイはないの?」
「△△してみたい」
「こう?」

などと会話しながら、そのまま二回戦突入です。

「二回もエッチした。しかもあんなプレイまで」

そう思わせておけば、その後のセフレ化はかなり楽ですよ。

痴女のアブノーマルな願望を叶えてあげるとセフレ化しやすいです。

嫉妬心を煽る

どんな女性であれ、大なり小なり嫉妬します。
そして嫉妬心を煽られることで独占欲がでてきます。

それを利用するために、痴女の前でわざと他にもセフレがいることを明かします。

「昨日会ったセフレより気持ち良かった」
「はぁ?他にもいるの?」
「うん、女の子の方が会いたいって連絡してくるからね」

このように話してみてください。
痴女にも自然と、

「他の女には負けたくない」

という気持ちが芽生えてきます。
頻繁に誘ってくるようになりますよ。

私の痴女体験談

ここで私が体験した、痴女との出会いを紹介します。

ある日、馴染みのクラブに行くとかなり酔っぱらった女性が一人で踊っていました。

胸元が大きく開いたタイトなミニワンピ、そして派手なメイク…
いかにも痴女ですね(笑)

「テキーラで乾杯しよう」
「乾杯しよー」

酔っぱらっているからか、唐突に乾杯を持ち掛けても警戒心ゼロです。

さっそくバーカウンターに行き、肩を組んでテキーラで乾杯。

これを3回ほど繰り返すと、彼女は身体を密着させてきました。

軽く胸やお尻を触ってもまったく怒りません。
むしろもっと触ってと突き出してきます。

「少し酔ったから風にあたりたい」

そう言い出した彼女を、非常階段へと案内したのですが…

いきなりフェラチオ

非常階段に出て二人きりになると、彼女は私の前にしゃがみ込みました。

「大丈夫?」
「…」

「お水飲む?」
「…」

何を聞いても返事はなく、その代わりに私の股間に顔を押し付けます。

そして、ベルトを外しフェラチオを始めたのです。

さらに私が勃起すると、階段に押し倒しそのまま上にまたがりました。

彼女は自分でパンツの股下部分をズラし、慣れた手付きで挿入。

あまりの手早さに私が驚いている間、彼女は狂ったように腰を振り続け何度もイキました。

その痴女っぷりに私も興奮し、いつもより早めにフィニッシュしたのです。

私がイクと彼女はお掃除フェラを開始。
そして2回戦を懇願しました。

「ねぇ、ホテル行こ」
「もう一回する?」
「うん」

この展開になれば長居は無用。

すぐにクラブを出てタクシーで最寄りのホテルに向かいました。

痴女の本領発揮

ホテルの部屋に入ると痴女っぷりが加速しました。

玄関のドアを閉めた途端に私の服を脱がし、その場でフェラチオ。

さらに片手でオナニーまでしてます。

「立ちバックが好きなの♡」

下着だけを脱ぎ、お尻を突き出してきます。

そこから騎乗位へと体位を変えると、前回以上に激しい腰の振り。

結局玄関で二人とも服を着たまま、2回戦は終了しました。

しかし、痴女はこれだけじゃ終わりません。

二人でお風呂に入っていると私のペニスを触ってきました。

「もっとしたい」

そういうとろくに身体も拭かず、ベッドで3回戦開始。

過去二回とは違って今度は前戯にたっぷりと時間をかけます。

といっても、責めるのは彼女の方。

私は身体中のあらゆるところを舐められ、挿入するまでほとんど出番なしでした。

すべては痴女の作戦通り

3回戦が終わると、彼女は落ち着いてまったりとした雰囲気に。

「酔いはさめた?それともまだ気分悪い?」
「全然大丈夫だよ」
「回復早いね」
「ていうかね、最初から酔ってないし」

よく話を聞くと、クラブでは酔ったフリをしていたそうです。

そうするとワンナイト目的の男性が大勢近寄ってくるので、好みの男性を選びやすいのだとか。

私はまんまとその作戦に引っかかったわけですが、痴女との3連戦には大満足でした。

まとめ

騎乗位になる女性

「痴女なんてAVの世界だけなのでは?」

そう思うかもしれませんが、ある程度の割合で痴女は実在します。

なかには、AV女優以上に痴女っぷりを発揮する女性もいます。

痴女とのセックスは、ノーマルセックスでは味わえない快感がありますよ。

あなたも、ここで紹介した手順で痴女のセフレ化に挑戦してください!

痴女と出会う方法はこちら