セックス目当てのエロい大学生と出会い系でヤれた体験談

エロい大学生体験談

夫や彼氏とのセックスが物足りない!

…という理由で、浮気に興味を持つ女の子って結構多いです。

そのほとんどの人が「実際には浮気をしない」みたいな事を言っているようですが…
本当のところは言わないだけで、って人もいるのではないかなと。

特に好奇心旺盛な20代前半の若い子なんて「遊ぶな!」っていう方が不健全な話ですよね(笑)

さすがに、友達や知り合いの男性を手当たり次第…とはいかないので、周囲に内緒でこっそり遊ぶ…となると。
女の子も出会い系サイトで相手を探す事になります。

出会い系の単発ユーザーは、20代前半の素人が多い!

最近では風俗遊びもすっかり飽きてしまい、出会い系サイトばかり使っています。
しかし、話の早い人は業者系が多く、それではホテヘルと変わりません。

慣れていない素人狙い…というと聞こえは悪いですが、業者系のような淡々としたプレイより、素人相手の方が格段に楽しいですね。

時間をかけても、量より質を重視してピンポイント狙いをしています。

と言っても、素人で20代前半の若い子なんて、サクサク会えるわけではありません。

時々、アダルト掲示板で募集をしているのを見かける時もありますが、競争率も高く、なかなか会う約束まで辿り着けず。

運良くメール交換が出来ても、会ってみたらデブスやメンヘラ…って事も…
(日常生活で男にチヤホヤされる機会がない人が、出会い系に登録しているパターンですね)

なので、自分のやり方では3ヶ月〜半年に1回ペースの出会いが標準になります。
本当に可愛くてエッチな素人の女の子と会える…となると、年1回あるかないか…が正直な話です。

逆に言うと、真面目にワクメを使っていれば、年1回はチャンスがある…とも言えます。

実際「興味があるから1回だけ…」なんて超ライトな単発ユーザーもいるので、日頃のログインは習慣にしておいた方がいいです。
(むしろ、個人的にはこの「単発ユーザー」が本命になります。)

ちょっとズルい話ですが、セックス目的がメインで遊んでみたい…というだけの子は、条件の意味もわかっていない子も結構います。

結果的にご飯とホテル代だけでOK=タダマンってパターンも多いです(笑)

美味しい出会いもあるから、ワクメは辞められない

業者やすっぽかし、会えてもデブスやメンヘラ。
そういう事が続いても、ワクメを辞められない理由は…

やっぱり、美味しい出会いもあるから!

これに尽きますね。
1回でもあの美味しい体験をしちゃうと、なかなか辞められないのは中毒としか言えません。

ぶっちゃけ、風俗なんて何も楽しくないし、彼女とのセックスも物足りなさを感じるようになってしまいました(笑)

と言うことで、地道にログインを続け、掲示板に投稿&気になった子にメールを送る日々。

すると、地道な努力がやっと実り、こんな子からメッセージを貰えることに成功!
プロフを読むと、なんとなくお嬢様っぽい感じ。

ワクメで見つけたプロフ

 

エロい大学生の様子

彼女も実際に会う事も積極的で、スムーズにLINE交換に成功!

しかし、LINEでは頭が悪そうなフレーズを連発しています。
そう感じた理由が…

  • 親に怒られて大学には入ったけど、ほとんど学校には行かずブラブラしている事が多い。
  • 彼氏はいるけど、相手も実家暮らしのフリーター。デート代もケチるのが不満。
  • セックスも正直満足していない。セックス上手なおじさんに興味があり、一度遊んでみたくて登録。

写メの交換も素直に応じてくれて、見た感じは「渡辺梨加」(欅坂46の割と人気がある子)っぽい印象。

これなら多少天然ボケキャラでも愛嬌…ということで許容できそうです。

エロ大学生とライン

 

彼氏で満足できない大学生

 

セックスしたい大学生

 

エロ大学生と会う事に

何より、渡辺梨加似の子に

「彼氏とのセックスに満足していなくて、上手なおじさんと遊んでみたい」

なんて言われたら、やる気スイッチもオンになりますよね。
一応、条件的な話も出ましたが、それ以上のものは期待できそうです。

セックスに満足できていない大学生…かなり性欲を持て余しているのがわかります。

普段からエロい事に興味が無いと、オジサンとセックスしたいなんて思わないですしね。

エロい思考の大学生なんて、期待しない方が無理というものです。

天然キャラのエロい女子大生とラブホテルへ

待ち合わせ場所は川崎市の郊外にあるラブホ街の近く。

どうやら自転車移動がほとんどのようで、川崎中心部までの移動は厳しい…という理由でした(どんだけ金ないんだよ?w)

指定されたコンビニの近くにコインパーキングがあったので、車を止めてしばし休憩。
…って、真正面にラブホが見えたので、つい笑っちゃいましたね(笑)

エロ大学生とラブホ直行

これは業者の可能性もあるな…と、一応の想定をしながら待つこと数分。

予想に反して律儀に5分前に「着きました。どこにいますか?」とメッセージを受信。

車を出ると、明らかに若くて小柄な女の子がスマホを片手にキョロキョロしていたので声をかけます。

 
「こんばんは。LINEしていた××ですけど…。○○さんですか?」

「こんばんは。え〜っと、××ですけど。なんか違うかな〜って。」

「あ、ごめん。人違いだったかな?(名前は合っているのに意味わからん…。)」

「そうじゃなくて、もっとAV男優っぽい人がくるのかな〜って。普通の人ですね。」

「もし、タイプじゃないなら無理にとは言わないけど…。」

「え〜、もっとグイグイ来ないんですか?本当に満足させてくれるんですかぁ〜?」
 

鼻にかかる喋り方…というか、独特の間というか…。
天然キャラの若い女の子のペースに飲まれて、近くのラブホへ徒歩移動しました。

大学生相手に大人のセックスは刺激が強かった?(笑)

こういうタイプだった事もあって「多少は激しく攻めても良心は痛まなそう」という鬼畜モードのスイッチがON(笑)

彼女も「大人のセックス」望んでいるなら、アリでしょう。
鬼畜と言ってもアブノーマルな趣味はないので、プレイ自体は正攻法。

…ですが、経験の差が出るのは「じらし」と「持久力」の2つですね。

若い頃は自分もスグに挿れてスグに出したかったタイプでしたが、30代にもなると気持ちに余裕が出てきます。

交代でシャワーを浴びベッドに戻ると、彼女もまだ余裕がある様子。
スマホを向けると「顔は撮っちゃだめだよ〜」と顔を隠すポーズを取ってくれます。

エロい大学生は余裕

と、ここまでは彼女も普通の反応。
パンツの上からチンコを触らせると「…うわぁ…、彼氏のより大きいかも…。」と何だか嬉しそうです。

エロい大学生を愛撫

その姿勢から手マンでじっくり攻め始めましたが、息遣いが荒くなりはじめると同時に、腰もの動きも何かを我慢しているのが伝わって来ます。

彼氏とのセックスに比べて前戯の時間が長い…って事なんでしょう。
いつもと違うセックスにペースが掴めていないようで、困惑している様子です。

その流れから彼女を69の姿勢に誘導。
すると、反射的に「ふわぁっ!ふわぁっっっ!」と甲高い喘ぎ声を出しながら、夢中になってペロペロ舐めはじめました。

おそらく、ペロペロ舐めるフェラは彼氏とのセックスでいつもやっている事なんでしょう。

これはこれで気持ちいいですが、彼女のペースをさらに乱すために、姿勢を変えて「おい、ちゃんと奥まで咥えろ!」と、男性騎乗でイラマチオをさせます。

さすがにこれは苦しかったようで、すぐにギブアップでしたが、意識をぶっ飛ばすには十分だったようです。

朦朧としている彼女をベットに寝かせて、正常位で挿入。
ここでも特別な事はせず。

せいぜい、リズムをつけたり強弱をつける程度)意識を集中させて長時間かけてじっくり攻めていきます。

種明かしをすると「スローセックス」ってやつです。

しばらくすると、彼女も何が何だかわからなくなってきた様子。
20〜30分以上は挿れっぱなしだったかな?

1回目のフィニッシュはゴムを外してお腹の上に出しましたが、何回やってもこの絵は満足感を満たしてくれます(笑)

セックスに喘ぐエロ大学生

おじさんとのセックスに満足したのか、半ば放心状態でベットに横たわっている彼女を眺めながら一服。

こちらの息が整ったところで2回目の用意をすると「えっ!?嘘?なんで?」と驚いた様子ですが、敢えて無視して正常位で再びスローセックス。

「まだ無理、まだ無理…あぁ…だめ…。」という甘い悲鳴も興奮材料にしかなりません。

腰の動きに合わせて出ていた喘ぎ声も次第に弱々しい掠れ声になり、最後は肩で息をしながら「…ごめんなさい、ごめんなさい。」と小声で何かに謝っています。

エロ大学生とセックス

とは言え、こちらとしては特に気にする事もないので、そのまま攻め続け…。

回数的には2回だけでしたが、全身痙攣させるまで攻め続けちゃいました(笑)

若い子を落とすと達成感がハンパないっす

結局、この日は朝までお泊まり。
当初は「両親がうるさいから…」と、宿泊はNGでしたが、本人が起きないんだから仕方ありません(笑)

真夜中に彼女のスマホが何回も鳴っていたので、多分、両親か彼氏かな?とは思いますが…。

完全に落ちていましたね(笑)

結局、彼女が目を覚ましたのは朝6時過ぎ。
満足したセックスの後に明るいホテル街を歩くのってなんか気分が良いですね(笑)

セックスで朝のラブホ上がりに

反面、彼女の表情には当初の余裕は全くなく、疲労困憊なのが明らかです。
別れる間際に…

 
「よかったらまた会わない?」

「…毎回こんなの…。身体が保たないから無理…。」(ほぼ無表情)

「でも、色々経験してみたいって言ってたし。相性がよかったのかな?いつもより興奮しちゃって。なんかゴメンね。」

「…いえ、あの…。失礼します。」
 

完全に次のお誘いにはと断られてしまいました。

明らかにぼ〜っとしていて、約束のアレの事はすっかり忘れていたようです=タダマンでした。

ちょっと調子に乗りすぎたかな?という反省はありますが、満足感と達成感は一杯です。
次の課題は適度なところで抑えておいてセフレとして継続して会えるようにすることですね(笑)
 

女子大生と会える出会い系サイト→ワクワクメール

 

 

セフレ出会い体験談