メンヘラ女と出会いセックスしたが…出会い系失敗体験談

メンヘラ女の裸体とメッセージ

 
こんにちは、ヨッシーです。

出会い系サイトのおかげで、若い子や欲求不満の人妻…。
さまざまな女性と遊ぶ楽しさに目覚めています(笑)

とは言え、そんな出会いにもリスクがある事も実感しています。

特にメンヘラ女は、取り扱いに注意というお話です。
 

出会い系ピシマで見つけたアラサー女子と新宿で待ち合わせ

ここのところ残業が続き、身心ともに疲労困憊だった私。

最近は予定が立てられなかったので、自宅にも帰れず…。
(単身赴任中なので、平日は独り暮らし)

これでは連絡が取れるセフレとも、約束ができません。

やっと仕事がひと段落したのに、後輩と男2人で飲みに行くのもなんか物足りない。

こういう時こそ、出会い系サイトを活用する時です(笑)

仕事のストレスで欲求不満でしたが、それ以上にゆっくりご飯を食べに行きたい気分です。

「一緒に夕食に行きませんか?」

まずは、ピュア系の掲示板に食事を誘う投稿をしておきます。

しかし、終業時間にサイトをチェックしても反応はゼロ…。
こんな事もありますよね(苦笑)

気を取り直し、PCMAXでアダルト系の「すぐに会いたい」をチェック。

条件付きでもいいから、ゆっくり話をしながら食事に行ける子を探します。
すると、下記の投稿を発見。

「ゆっくり会える人希望」

プロフィールを見ても悪い感じはなかったので、メッセージを送りました。

PCMAXのメッセージ

 
すると30分後に返信があり、新宿で待ち合わせの約束をゲット。

家とは逆方向の電車に乗り新宿へ…
なにはともあれ、出会いにつながったのはラッキーです。

女の子も結構マメな性格のようです。
10分くらいの間隔でメッセージを送ってきてくれました。

おかげで、新宿に行くまでの小1時間は退屈をしないで済みました。
メッセージのやりとりで、相手の事もなんとなくわかってきます。

ざっくり書くとこんな感じです。

  • 29歳 携帯ショップ店員 独身(彼氏無し)
  • ダメ男に尽くしちゃうタイプで貧乏くじを引くことが多い
  • どうやら、持病があるらしく気分の浮き沈みが激しい時がある…らしい

尽くしちゃうタイプ…には、思わずニヤっとしてしまいました。

こういう子は比較的セフレにしやすいタイプです。
条件付きで会っても、相性が良ければ継続して会えそう。

これまでも、エッチでも色々リクエストを聞いてくれるパターンが多かったですね。
少々無茶なことをしても、平気で受け止めてくれる子が多いです。

妻とはできないような事もできるかな?…と、気持ちが高まってきました(笑)
 

メンヘラ?可愛い系女子だけど会話がおかしいw

新宿駅に着いてメッセージを送ると、すぐに返信がありました。

「今、東口のBOOK OFFにいます」

アルタ前を通り、指定された場所へ向かいます。
教えられた服装の女の子が、ビルの入り口の脇でスマホをいじっていたので声をかけます。

 
「こんばんは。××さんですか?ヨッシーです」

「はじめまして。やさしそうな人でよかったです」
 

ふわっと系女子というのでしょうか?
見た目も結構可愛い感じ。

ちょっと表情に影があるのが気になりましたが、緊張しているのかな?

とりあえず、近くのレストランへ…と思ったら、彼女のリクエストで「サイゼリア」へ。

せっかくの食事なのにファミレスか…とは思いましたが…。
財布にも優しいし、美味しくないわけではないので快諾します。

パスタやケーキを食べながら、世間話で盛り上がります。

Vサインする女性

 
ここでちょっとした行き違いが発生。
どうやら彼女は自分の事を独身だと思い込んでいたようです。

プロフィール欄には「既婚者」と書いてありましたが、ちゃんと読んでいなかったようで…。

 
「私、不倫とかセフレとかは嫌だから既婚者とは会わないんだけどね…」

「でも、一緒にご飯食べてるし、今日ぐらいはいいかな…」

「奥さんってどんな人?やっぱり上手くいってないの?」

「私ならもっと旦那さんの事、大事にするのに…」
 

ん?会話の内容が何かおかしいぞ…(汗)

本当なら、何か嫌な予感がした時点で切り上げるのが正解ですが…。

疲れと欲求不満と彼女の雰囲気に流され、そのまま「ホテルエクセレント」へ向かいます。
 

奉仕型のメンヘラとのセックスは最高

尽くしちゃうタイプ…と言っていた通り、根っからのご奉仕タイプでした。

部屋に入ると、何も言わないのに上着をハンガーにかけて、お茶まで用意してくれます。

 
「××さん、一緒にお風呂に入ろうよ」

「じゃあ、お湯ためてきますので、ゆっくりしていてください」
 

嫌がりもせず、かいがいしく世話をやいてくれます。
見ていると、妻に爪の垢を煎じてのませてやりたい…と思うほどです。

お風呂に入ると率先して背中を流してくれた上に、肩まで揉んでくれます。
そのあと一緒に湯船に浸かってイチャイチャタイム

キスをしただけでも表情が変わり、一気に色気が増してきました。

のぼせてきたのでベッドへ移動します。
この時も背中を拭いてくれたり、バスローブを用意してくれたりと至れり尽くせり。

裸になって四つん這いになる女性

 
ベッドに移動すると、見た目では想像できなかったぐらい積極的に攻めてきます。

覆いかぶさるように乗っかってきたと思うと、次の瞬間には、ディープキスをしながら手コキ

一番驚いたのが、セックスに没頭しているエロい表情。
まるで、本当に恋人とセックスをしているかのような気分です。

フェラも深くまで咥え込んでくれるので、気持ちいいだけでなく征服欲も満たされます。

彼女が苦しそうに咥えている表情をみているだけでも、我慢できなくなってきました。

しかし、ここで出してはもったいないので、ゴムをつけて正常位で挿入

「…ん、あぁ…固い…」

入れた瞬間に小声で漏らされると、嬉しくなって思いっきり攻めてしまいました。

全裸で正常位セックス

 
座位や騎乗位に体位を変えて、合計で3回楽しませてもらいます。

彼女はその都度、お掃除フェラもしてくれました。

最後の一滴まで吸い出してくれるような仕草もたまりません。
 

出会い系ではサブアドレスは必須…と実感

「私たちカラダの相性いいよね。ホントにお嫁さんになれるかな?」

ベッドで一休みしていると、本当の恋人のように甘い言葉を漏らしてきます。

悪い気はしませんが、こっちは条件付きで遊んでいるつもり。
離婚をする気もありません。

帰り際に約束の条件を渡そうとしましたが、受け取ってくれませんでした。

「好きな人とそういう事はしないって言ったでしょ?」

どうやら、すっかり恋人のつもりになってしまったようです…(滝汗)

最初は「ヨッシーさん」と呼んでいたのに、別れる頃には「ヨシ」と呼び捨て。
打ち解けるには早すぎです。

「セフレじゃないんだから、LINEは嫌。直アドじゃなきゃダメ」

強い口調で連絡先の交換も迫られました。

出会い用にサブアドレス持っていて本当に良かった~!

スムーズにメアドを聞けたので安心したのか、電話番号や住所までは聞かれませんでした。

「今度、家に遊びに行くね」

もう、すっかり恋人気取りです。
これは早々に手を引かないと、嫁にバレて面倒な事になりそうです…。
 

メンヘラ女子からの鬼メール

家に戻って携帯を見ると、別れてから1時間も経っていないのに受信メールが20件。

2~3分に1回のペースでメールを送られてきていました。
(捨てアドレスだったので、通知されなかったから気がつかなかった)

そのままにしておいたら、翌朝には100件を超えるメールが…。

「メールくれないなら直接会いにいきます」

最後には1000文字超えの長文メールが届きました。

完全にメンヘラ女子の地雷を踏んでしまったようです…

メールの受信箱

 
不安になるのと同時に、自分の個人情報を教えていなかったかどうか再度確認。

翌朝に家を出るときも、周りを警戒しながら出勤します。

メンヘラは本当、行動に予想がつきません。
メールも1日100件以上の受信が続き、しばらく生きた心地がしませんでした。

しかし、1週間もすると徐々にメールの数は減ってきました。

「メールに返信もできないような人とは結婚できません」

このメールを最後に音信不通に。

やっと見切りをつけてくれたようで、安心しました。
終わり方も一方的で、メンヘラさが出ています。

「ちょっと変だな?」と思った時点で切り上げる勇気も、時には必要だと実感。
出会いの相手も選ばないとですね。
 

メンヘラ女子に手を出してしまったのは反省

確かにセックスの相性は良かったし、尽くしてくれるのも気分はよかったです。

しかし、迂闊に出会い系メンヘラ女子に手を出すのは要注意、今回は失敗です。

メンヘラ女子はセフレに最高という記事を見ても、扱い方には注意とありました。

確かにセックスは良かったけど、その後がね…と複雑な気持ちになります(笑)

出会い系でメンヘラとヤリたいなら→PCMAX