マッサージもしてくれる超優しい女の子とエッチ!最後はあっさりと音信普通にw

マッサージもしてくれる超優しい女の子とエッチ!最後はあっさりと音信普通にw

コスプレ女子が大好きなタクちゃんです。
 
実は仕事で公認会計士をやっていて、年中デスクワーク。
肩こり腰痛は職業病ですね。
 
たまに行くメイド喫茶も気分転換にはなりますが…身体の痛みは取れません(笑)
 
仕方ないので、仕事帰りに難波千日前の「りらくる」でマッサージを受けることに。
 
この日に担当してくれたおばちゃんが結構上手い人だったので、途中からウトウト…と。
 
そこでふと、マッサージが上手いセフレとかいたら最高だよなぁ…
 
半分居眠りしながら、そんな妄想をしていました(笑)
 

マッサージの上手いセフレを狙うキーワード

以前の、コスプレ女子大生とも付き合いは続いていますが、どう頑張っても彼氏と比べて2番目…
 
しかも卒業をしたら地元に帰る…と言っているので、長い付き合いは出来そうにありません。
 
ならばPCMAXで新しい出会いを!
 
さすがに「マッサージが上手い子」なんて直接の募集は出来ません。
 
しかし、ちょうど友人が「PCMAXで整骨院の先生と出会い、セックス付きのマッサージをしてもらっている」と自慢話をしていたのを参考に作戦を立てました。
 
プロフィール検索に「整骨院」と入力。
 
住んでいる地域をチェックしていきます。
すると…
 
大阪で整骨院の受付をやっている子をあっさり発見!
 

PCMAXでマッサージができそうな大阪の子を発見

 
プロフィールは…
 

  • 25歳。スポーツトレーナーになるため専門学校で勉強中。
  • バイトで整骨院の受付。
  • 地方出身で、学校や職場以外の友達も欲しい。

 
写真を見ると、「指原莉乃」…っぽい、ちょいブス系(失礼w)と言った感じでしょうか?
 

指原莉乃っぽい、ちょいブス系

 
特に悪い印象も無く、希望のタイプに近い感じ。
早速メッセージを送ります。
 
すると2日後に返信があり、LINEを交換。
まずはメル友から…という話になり、時間があるときに世間話をする仲になりました。
 

食事デートからのラブホへ

LINEをしてわかった事が
 

  • 前職はアパレルショップの店員。
  • 元々、スポーツに興味がありトレーナーを目指して一念発起。
  • バイト先の考え方に共感できず、人間関係がストレスに。

 
それで、学校や仕事とは無関係の人と話をして気分転換をしたかったようです。
 

大阪の整骨院で働く彼女は性格も良さそうです

 
メッセージ交換をしているだけでも、彼女の優しい人柄は伝わって来るようでした。
 
ちょっとした気遣いや応援メッセージ、生活のアドバイス等々。
 
それだけでもかなり癒されました(笑)
 
しかし学校とバイトが忙しいようで、お互いに会ってもいいかな…という雰囲気になってもなかなかタイミングが合わず。
 
そのまま1ヶ月近く経ってしまいましたが、メッセージ交換自体が楽しかったので、そのまま良い関係が続きました。
 
ところがある日の夕方。
急に「今から本屋に行くのでその後、ご飯に行きませんか?」とメッセージが。
 
不意のお誘いなので驚きましたが、都合もつきそうだし断る理由はありません。
 
早速待ち合わせの約束をして目印になる服装を教えて貰いました。
 
集合場所は「ヨドバシカメラ地下入り口前」。
 
梅田駅近辺は迷いやすいので一番わかりやすい場所で…という事で提案されました。
(梅田駅は改札も多く、地下街も複雑で知らない人にはまるで迷路)
 
仕事終わりに御堂筋線に乗り梅田へダッシュ。
 
待ち合わせ場所に行くと…
 
目印の黒いノースフェイスのジャケットを来た女の子を発見。
 
早速、声をかけます。
 
 
「こんにちは。○○さんですか?初めまして…って気もしないけど(笑)」
 
「すぐにわかりました?急に誘ってスミマセン。」
 
「ちょうど予定も空いてたし大丈夫ですよ。むしろ嬉しいです。」
 
「本は買い終わったので…。ご飯行きませんか?」
 
 
実際に会ってみると自然な笑顔が可愛くて、親しみやすい印象。
 
早速、近くの「オーバカナル」というカフェ・レストランへ。
以前から気にはなっていたけど、1人だと行く機会がなかったから…という理由で彼女のチョイス。
 
ちなみに急なお誘いの理由も、誰かと話をしたかった事と「オーバカナル」に行ってみたかったから…だそうでした。
 
いい雰囲気でトークも盛り上がり、お互いの仕事の話題になった時に
 
「デスクワークが多くて肩こりが酷いんだよね」というと…
 
「練習台で良ければマッサージしますよ!」という嬉しい返事。
 
実際、彼女も授業の復習を兼ねて実技の練習をしたかったそうです。
 
 
「そうは言っても…どこでやりますかね?」
 
「○○さんの家…ってわけにもいかないよね?」
 
「さすがにそれはちょっと…。タクちゃんの家は?」
 
「梅田からだとちょっと遠いんだよね…。ラブホは?」
 
「え〜、変な事しないでくださいよ。マッサージだけですからね(笑)」
 
 
と言っても、女の子と2人でラブホに行って何もない方がおかしいでしょう(笑)
 

マッサージの練習…のハズが(笑)

そのまま「ホテル・アクシス」へ直行。
部屋に入ると、服を脱いでベッドにうつ伏せになる様に言われます。
 
授業で習ったことの復習…という感じで、時々ノートを見直しながら腰回りをほぐしてくれました。
 
 
「え~っと、これが腰方形筋で…。これが大臀筋で…。スイマセン。服を全部脱いでもらってもいいですか?」
 
「マジで?変な事しない?(笑)」
 
「…あの、直接触った方が筋肉の感じがわかりやすいかな…と思って…」
 
 
つい、口から出てしまったのでしょう。
めちゃくちゃ照れていますが、その感じがまた可愛いです。
 
そこでパンツ一丁になってうつ伏せの姿勢に。
 
女の子の手で直接触られるだけでも気持ちいいのに、ぎこちないとは言え丁寧にマッサージをしてくれて、まさに極楽。
 
「じゃあ、今度は仰向けで…って、ちょっとやだ…」
 
身体の向きを変えるタイミングで彼女を抱き寄せて、そのまま押し倒します。
 
ラブホに入った時点で薄々こうなることはわかっていたのでしょう。
 
驚いた声を出してはいますが、特に抵抗はありませんでした。
 

梅田のラブホでマッサージからセックスに期待通り発展

 
 
「一回やってみたかったんだけど…。ローション使ってみてもいい?」
 
「いいですけど…。どうやるんですか?」
 
 
早速、アダルトグッズの自販機でローションを購入。
 
「実際にAVを見たことがないから興味もある」と言っていたので、マッサージもののAVを見ながら2人でローションを使ったマッサージをし合いました。
 
彼女も興味があったことに加えて欲求不満だったのでしょう。
 
途中からエロスイッチが入り、積極的に手足を絡めせてきました。
 
マンコに手を伸ばすと準備は万端。正常位で挿入しゆっくり攻めます。
 
久々のチンコの感触を楽しむ様に腰を動かしながら甲高い喘ぎ声を出していました。
 

セックスからさらにセフレになれました

 
一息ついてピロートークをしていると、私の内腿を触りながらチンコを見ている彼女。
 
「これが挙睾筋反射か~」と笑いながら他人の身体を使って楽しそうに遊んでいました。
 

始まりが突然なら終わりも突然…。

その後はセフレ以上恋人未満な関係に。
 
ノリも良い性格で、ナース服やスポーツ系のコスプレも喜んで付き合ってくれました。
 
しかも性格も優しくて細かい気配りもできているので、至れり尽くせり。
まさに人生の最高潮です。
 
…と、喜んでいたのも束の間。
 
突然「田舎に帰ります」というメッセージと共に音信普通に。
 
そういえば、最後に会った時に「仕事をクビになった…」と落ち込んでいたのを思い出しました。
 
詳しいことはわかりませんが、勤務先でなにか不正ぽい事に気づき、それについて説明を求めたら逆ギレされたような事をいっていましたが…
 
優しい上に正義感も強かった性格だったので、周りと上手くやっていけなかったのかな?と推測してみますが、真意はわからず…。
 
美味しい思いは出来ましたが、また「いい人」で終わってしまいました…(笑)
 

→女の子と出会えたPCMAX