PCMAXでセックスした絶倫熟女。性欲が強すぎてバイアグラを投下した体験談

PCMAXでセックスした熟女が絶倫すぎて精力剤投下した体験談

「セフレを作る方法」について色々なハウツーテクニックが紹介されていますが、何をおいても一番大事な点は、
 
「相手を満足させる事」
 
セックスフレンドは当然ですがセックス前提の関係。
これに尽きるでしょう。
 
そのために使える、私のちょっとした小技の紹介を交えた体験です(笑)
 
ちなみに私はこの方法で、出会った人の半分以上を定期的に会うセフレにしました。
 

スポーツの延長でセックスしたい熟女と出会う

仕事の休憩時間にPCMAXを見ていると、掲示板に「セフレ募集」の投稿を発見。
 
ド直球な内容に、当初は業者的な人の投稿かと思ってスルーしていました。
 
しかし、見慣れない名前(業者的な人は頻繁に投稿するけど、この人は初めてみた)ですが、割としっかり書かれているプロフィール。
 
駄目元でも良いかな…と軽い気持ちでメッセージを送信。
 
翌日、返信があり、早速LINEを交換。
世間話をしながら相手の事を聞き出します。
わかったことは
 

  • 43歳独身(結婚歴無し)。静岡市内のOL
  • 趣味は登山やダイビングなどスポーツ系。他多数(書ききれないぐらい多趣味)
  • サイトの目的は完全に性欲処理。恋人は募集していない

 
つまり、スポーツの延長でセックスしたいって事ですね!
 
恋人や結婚相手を募集している様子もないので、後腐れもなく遊べそうです。
 
こちらとしては好都合だし、スポーツをしている人ならスタイルも悪く無さそう。
 
ちょっと年上ですが、積極的な性格と経験豊富っぽい人なのでテクニック的にも期待して良いかな…と(笑)
 
逆に気になったのが「何故、こんな人に特定のセフレがいないのか?」という点でした。
 
普通に考えれば、割り切って遊べる関係の人ならオイシイ話。
何か理由があるのかな…と思って探って見ると
 
男の方が逃げちゃうんだよね…
 
という衝撃発言。
熟女曰く、性欲が結構強いので1〜2回じゃ満足出来ないし、早漏君は人として見ていない…と(汗)
 

PCMAXで熟女の衝撃絶倫セックス発言

 
考えてみると40代になってもスポーツ万能で活発的なら、エッチの方もお盛んなヤリマンで当然。
 
その上、私生活には入り込まないで欲しいけど、満足はさせて欲しい…と思えば、パートナーを探すなら出会い系がベストチョイスと言えるでしょう。
 
これは、久々に手応えのある相手に巡り会えたようです(笑)
 

出会い系で遊ぶなら日頃からのマナーも大事

待ち合わせは、静岡駅前にあるセブンイレブンに18時。
 
徳川家康の銅像(竹千代の方)が近くにあり、待ち合わせをするには定番のスポットです。
 
到着して、目印になるネクタイの色と待っている場所をメッセージすると、すぐに「今、会社を出たのですぐに行きます。」と返事。
 
どうやら、勤め先が近くのようです。
10分もしないうちに、スーツ姿の女性が声をかけてきました。
 
「はじめまして。○○さんですか?」
 
声をかけてきたのは170cmはありそうな比較的大柄な女性。
 
黒髪を後ろでまとめて化粧も薄め。
ぱっと見でもスポーツやってます感が出ています。
 
「とりあえず、ご飯行きましょう。」
 
案内されたのは「しば多」という割烹料理屋。
割烹料理という割に盛りが良く、気取った雰囲気もないので地元で人気の店です。
 
まずは乾杯をして、地場産の料理を食べながら世間話で盛り上がります。
 
この後、この人とセックスするのか…と、妄想を膨らませていると
 
「私、誰でも良い訳じゃないですよ。一緒にいて面白くなかったら帰ります。
 
と、見透かしたようにキツイ一言。
確かに、男性側も誰でも良い訳じゃない話だと思いますが、ド直球で言われるとさすがに凹みます(笑)
この他にも
 
 
「箸の使い方が汚い人は嫌」
 
「身だしなみが汚い人は嫌」
 
「店員に対する振る舞いが汚い人は嫌」

 
 
など、マナー全般も気にしている様子。
これで趣味も多く性欲も強いなら、逃げ出しちゃう男性が多いのも納得。
 
それでも、普通に振舞っていれば特別問題になることはなく、徐々に打ち解けていきました。
 
後半には彼女の方からボディータッチをしてくるようになり、良い雰囲気に。
 
店を出ると、自然とホテルのある常磐公園方面へ。ラブホ「k’s」に入ります。
 
とりあえずは、合格だったようです(笑)
 

性欲旺盛な絶倫熟女を相手にするときはバイアグラは必須

部屋に入ると、彼女は早速エロモード全開。
 
品定めをするように自分を見てきます(笑)
 
挨拶がわりに軽くキスをしようと思ったら、いきなり舌を絡めてくるほど。
 
そのまま服を脱がして軽く愛撫すると、予想以上にガッシリした体型に加え、
身長もそれなりにあるので、抱きかかえるのも大変そうです。
 
案の定、その抜群のスタイルはほぼ筋肉のようで結構重いです…(デブという意味ではなく)
 
これは確かに強敵のようです(笑)
 
彼女をシャワーに誘導した隙に、隠し持っていた精力剤の錠剤を服用。
 
最近ではバイアグラのジェネリック品が個人輸入で安く買えるので、こういう時は重宝します。
 
15分ほどで効き目がでてくるので、交代して自分がシャワーを浴び終わる頃にはベストなタイミング。
 
彼女もすでにフル勃起した股間を嬉しそうに眺めています。
 
「結構、いいものもってるじゃない。」
 
なんだかんだ言っても、セックス目的のヤリマンに対して一番効果的にアピールするなら「勃起力」でしょう。
 
中途半端なテクニックよりも、元気な男性のシンボルを直視させる方が説得力があります。
 
冒頭の「相手を満足させる小技」とは、この精力剤の有効活用の事。
 
普段の体調なら4~5回はできるので、並みの相手なら余裕で満足させられます。
 
そうは言っても、今回はかなりの強敵。
油断は禁物です。
 
ベッドに入るといきなり咥えられ、危うく1回抜かれるところでした。
 
体制を整えるため、逆にクンニ攻めに持って行き指と舌を使って敏感なところを刺激します。
 
そうすると、彼女も負けじと股間に手を伸ばしてきます。
お互いに敏感なところを探るように攻め合う姿は…
 
ホントに何かの競技をやっているような感覚です(笑)
 
さらに、彼女の引き締まったボディラインが間接照明に照らされると、洋モノのポルノ映画のようなエロいシルエットが映し出されます。
 
腰の動きを見ているだけでも興奮していまい、うっかり先制点を許してしまいました。
 

スタイルはさすがによかった絶倫熟女

 
手コキで出してしまったのが不満なようで、手についた精液を舐めながら恨めしそうにこっちを見ています。
 
「これで終わりじゃないよね?」
 
半ば脅迫です(汗)
 
しかし、用心して飲んでおいた精力剤のおかげでしぼむ事なく2回戦に突入。
 
逆に1回抜いているので、かなり余裕がありました。
 
ゴムをつけて正常位で挿入。
硬さも継続しているので彼女も満足そうです。
 
座位や騎乗位に対位を変えながら色々な角度で攻めると、一気に彼女の身体が熱くなりました。
 
「…うぅ…あ…」
 
苦しそうな声を押し殺していますが、表情はとても満足している様子。
 
ゴムをつけたままとは言え、中で出すのはマナー違反という事で外に出します。
 
荒い息遣いでベッドでぐったりしている彼女でしたが、こちらはまだまだいけそうでした。
 
「いや…、ちょっとまって…」
 
さすがに、経験豊富なヤリマンでも間髪入れずの2回目は驚いたようですが、考える時間を与えてはセフレ化はできません。
 
そのまま連続3回。
 

バックで何度も突きまくられる熟女(2回目)

 
先制点は許してしまいましたが、しっかり逆転ゲームで終わらせました。
 

定期的に会えるセフレ化に成功

「こんなに満足したの久しぶりよ」
 
帰り際に、彼女の方からキスをしてくれました。
 
最初に言われた通り、かなり性欲が強い絶倫熟女でした。
男の方が逃げてしまうのもわかります。
 
自分も精力剤を使わなかったら最後まで持たなかったでしょう。
 
とは言え、便利なものを使うことに問題はありませんし、彼女も満足した様子。
 
結果的に電話番号と住所まで教えてもらい。
 
タイミングが良い時に彼女のマンションに遊びに行っても良いというお許しまでもらってしまいました。
 
また一人、定期的に会えるセフレゲットです♪