ワクワクメールのメル友掲示板で女子大生とセックスした話

ワクワクメールで女子大生とセフレ

「すぐに会えなくても、気分転換にメッセージのやりとりができる子がいれば…」

以前、軽い気持ちでワクワクメールの「メル友掲示板」を利用。

これがきっかけで女子大生と出会ってセフレになれたんです。

ワクワクメールのメル友掲示板で女子大生と出会う

出会い系の中でも「メル友掲示板」は、実際に会える確率が高いとは言えません。

会えたとしても、それまでのやりとりが長期間になりがちです。

しかし、この時は仕事が忙しかったこともあり「逆に出会えるまでの長いやりとりを楽しんでみよう」という気楽な感じでスタート。

今思えば、この余裕が功を奏したと言えます(笑)

掲示板に書き込みをしてから3日後。
やっと1通のメールが届きました。

この時点でいつもより、スロースタートです(苦笑)
内容は、

「横浜で一人暮らしをしています。上京してきて1年経ちますが、学校以外で話をする人がいません。
よかったら話し相手になってください」

というもの。

まさかの女子大生!

まずはプロフィールを拝見。
写真は無く自己紹介欄もほとんど空欄。

とりあえず、
「サイトはいつも見てるわけじゃないから、LINE交換しませんか?」
とメッセージを送り様子を見ます。

すると、すぐにLINE ID付きの返信があり、友達申請まではスムーズに完了。

順調な滑り出しかと思いきや、出会うまでの長い道のりが始まったばかりでした(苦笑)

ワクメのJDと、実際に会うまでに2ヶ月かかった

最初は完全に「メル友」状態でスタート(当然と言えば当然ですが)

横浜には「進学のために上京してきた」と言っていたので、地方出身という事だけはわかりましたが、それ以上は教えてくれません。

「横浜でご飯が美味しい店教えてください」

「社会人って大変ですか?」

普段の会話も普通の世間話。

「中華街にご飯食べに行かない?」と一度誘った事はありましたが…

「実際に会う気はありません」とあっさり断られもしました。

さすが素人、ガードが固いです(笑)

ワクワクメールからLINEのやり取りのJD

それでもめげずに、メル友関係を続行。
そのうち、悩みを相談される機会も増えてきて、相手のことがわかるようになってきました。

彼女のストレスの一番の原因は「ホームシック」。
学校に行けば友達はいるけど、都会の生活に馴染み切れていなかったようです。

毎日の勉強も大変で、たまには学校とは無関係な人と話がしたかったのが出会い系のアプリに興味を持ったきっかけ…という話でした。
そんなある日、LINEに

「お腹いっぱい、ほうとうが食べたい。」というメッセージが来た事で状況は一変。

 
「あれ?○○ちゃんって山梨なの?」

「知ってるの?ちょっと嬉しいんだけど(笑)」

「たまに出張で山梨行くけど、小作とか行くよ。美味しいよね」

「あー、小作!超食べたい!」
 

…と、一気に盛り上がりました。
ここですかさず、

 
「んじゃ、今日の夜行かない?小作は無理でもサービスエリアなら24時間やってるよ。明日は休みだし付き合うよ。」

「ホント!?行きたい!」

「気分転換のドライブがてら行こうよ。迎えに行くよ。」

「東名横浜インターのドンキホーテわかりますか?アパートがそこの近くなんです。」
 

まさかの快諾!

メル友になって2ヶ月。
思わぬタイミングで会う約束を取り付けました。

女子大生と会えるか

 

JDにドライブ提案

メル友でも、会えばセックスの流れに

準備を整えて待ち合わせ場所のドンキホーテを目指します。

LINEで場所と相手の服装は分かっていたのでスムーズに待ち合わせができました。

「××さんですか?はじめまして…って気もしませんね(笑)」

笑顔が自然で可愛い!

現れたのはスレンダーなお嬢様系。
予想外の展開に嬉しい悲鳴が上がりました。

挨拶をした後、助手席に座ってもらい出発。目的地を目指します。

既にお互いの事を分かっていたのですぐに打ち解けることができました。

世間話も盛り上がって来た頃に聞いてみました。

「前はダメだったのに、なんで会ってくれる気になったの?」

「他の人と違って、ガツガツしてなかったから安心できると思って」

参考までにまとめておくと

  • 他の人は、すぐに会いたがった。
  • 中には「条件は?」と目的とは違う事を聞いてくる人がいた。
  • 「会う気は無い」と言ったら返事が返ってこなくなった。

…などなど。ピュア系の素人に焦りは禁物ですね(笑)

ワクワクメールから待ち合わせに

東名高速に入り中央道を目指して1時間ほど車を走らせると、目的地の談合坂のサービスエリアに到着。

ここは24時間やっているフードコートがあり、お目当の郷土料理も揃っています。

到着して席を確保したら、早速ほうとうを注文。
食べている途中に、無意識に出る甲州弁にツッコミを入れると照れ臭そうにしていたのが好印象でした。

彼女も久々の郷土の味と学生生活からの開放感に大満足な様子。

おかげで、帰りの車内は行きよりも打ち解けた雰囲気になり、彼女のほうからも会話の合間にボディタッチをしてくるように。

今までの彼氏の話にもなりましたが、高校時代に同級生と付き合った程度。
出会い系で実際に会ったのも初めて。

恋愛に興味が無いわけじゃ無いけど、同年代の若い子に魅力を感じない…という話で盛り上がります。

横浜町田インターも近くなると、ホテルのネオンが見えてきます。
彼女もその辺は察しているようで緊張した雰囲気になりましたが、そこはちょっと強引に誘います。

「寄って行こうよ」

彼女は小声で一言。

「…お任せします」

あとは黙ったまま。
OKと理解して、車はそのまま高速出口近くのReveというホテルへ…

経験の少ない女子大生とセックス

順調にすすんだかのように思えましたが、ここからがまた大変でした。
男性経験は例の高校時代の彼氏と1回だけ。

その時にかなり痛い思いをしたらしく、それっきり男性との付き合いは避けていた…という話。

部屋に入ると彼女の表情はさらに硬くなり、車内での元気はどこかに消えています。

今こそ大人の余裕を見せる時!

女子大生の裸

まずは緊張を解くために世間話をしながらマッサージをしてあげて雰囲気作り。

慣れて来たところで服を脱がして、裸で抱き合ったりキスをして少しずつ慣らしていきます。多分2時間近くはこうやっていたと思います(笑)

リラックスできてきた頃合いを狙ってコンドームを取り出しますが、この頃には相手も嫌がる気配はないのでそのまま続行。

少し痛がりはしましたが、最後まで抱きついて離れませんでした。
ひと段落する頃には

「大人の男の人っていいですね」

という、嬉しい一言。
そのままキスをして自然と2回戦に突入。

その頃には彼女もすっかり緊張の糸が解けていました。

女子大生と騎乗位

それから約1年半の間、セフレ以上恋人未満の状態。
時々ドライブにも行きましたが、デートのほとんどは彼女のアパート。

男性経験がほとんどなかった女子大生も、最後の方は自分から腰を動かすほど積極的に。
何も言わなくても口で気持ちよくしてくれる事も覚えてくれました。

しかし、就職活動が始まると会う機会も自然と減っていき、卒業が近くなる頃に「地元に帰ります」というメッセージを最後に、そのまま自然消滅。

出会うまでに長かった女の子も別れる時はあっという間です(苦笑)

女子大生のその後

先日、ふと思い出してワクワクメールの彼女のページを見ると、最近になってプロフィールが更新されていました。

地元に帰り就職したところで、新しい出会いでも探しているのでしょうか?
自分もまた新しい出会いを探しますかね(笑)

女子大生を探すなら→セフレ掲示板