掲載している内容の一部に広告を含みます

セックスサークルの実情と参加方法を解説。エロすぎる乱交体験談も

セックスサークルの実情と参加方法を解説。エロすぎる乱交体験談も紹介

こんにちは。サトルです。

先日、前から興味があった「セックスサークル」に初めて参加してきました。

セックスサークルに興味がある人も多いと思いますが…
ネット情報だけでは、全貌が掴めません。

そこで今回、私の体験を元にセックスサークルの実態や参加方法を解説します。

全国のセックスサークルの一覧と実情はこちら

記事後半には、実際の体験談も紹介してます。
リアルなので参考にしてもらえるかと!

日常では絶対にあり得ないシチュエーションに興奮しました(笑)

セックスサークルとは?

サークルではどんなプレイが楽しめる?

セックスサークルは、特定/不特定多数の男女がセックスを行う目的で集まる会です。

乱交サークルやセックス同好会も、同じ意味で使われます。
要は「セックスのために集まる場や仲間」のこと。

特別な人が集まっているのではなく、意外に普通の人ばかり。

乱交パーティーをテーマにした映画「愛の渦」でも参加者は一般人でした。

私が参加したセックスサークルも、普通っぽい人ばかりでした。

セックスサークル・乱交サークルで楽しめるプレイ

セックスサークルではアブノーマルなプレイが体験出来ます。

例えば複数、輪姦、SMプレイなど。

夫婦でスワッピングすることも可能。
会によって、様々なコンセプトがあります。

複数プレイ/乱交

輪姦プレイ

SM/公開調教

スワッピングパーティー

4つのプレイが一般的

「普段は隠している願望を実現したい…」

「日常生活では楽しめない、特殊な性癖を共有したい」

「夫婦でマンネリ打破して、楽しみたい」

そんな人たちが願望をぶつけ合えるのが、セックスサークルの良さです。

セックスサークルは法律的に大丈夫?

セックスサークルは、公然わいせつの罪に問われる可能性があります。

有名ハプバー「眠れる森の美女」が摘発されたのは、不特定多数の人間の前でセックスをしていたから。
会員制のバーと言っても、公の場ですからね。

セックスサークルはマンションの一室など、会員以外は入れない場で活動しています。

クローズドな空間なので、逮捕されるリスクはかなり低いです。

もちろん可能性がゼロではありません。
少しでもリスクを背負いたくない場合、参加はやめておきましょう。

全国のセックスサークルの一覧と実情

実際に活動しているセックスサークル

現在、存在を確認できるセックスサークルを一覧にしました。

活動状況や実情も紹介しています。

全国のセックスサークル
サークル名活動エリア特徴
セックスサークルease全国・老舗の大手セックスサークル
ABEMATVで紹介され、会員2千人超え
・抽選で当選しないと参加できない
中出しセックスサークル全国・中出しを楽しむのがコンセプト
・会員千人越え。現在開催数は少なめ
セックスサークルパラダイス東京・千葉・茨城・埼玉・女性の開発や特殊な願望を叶えるのが趣旨
・男性の参加は難しいが、女性はすぐ参加可能
サークルバニラ東京・ハプニングバーに近く、気軽に参加できる
・常連多め。セックスは確実ではない
LIPS-LIPS大阪・20年以上の歴史があり、定期的に開催中
・男性会員の募集はごくまれ
リアル☆ビーナス北海道・数少ない北海道での乱交サークル
・現在は現会員中心で活動中
Alice Club大阪・静岡・輪姦・複数プレイが中心のサークル
・女性からの輪姦に対し、男性が応募

参加可能なセックスサークルは紹介が中心

上記は、ネットでも確認できるセックスサークルです。

ただ男性が参加するのは難易度高め。
登録は可能なんですけどね。

実際に会に参加するには、抽選や管理人の承認など様々な関門があります。

セックスサークルに参加するなら、出会いアプリやハプバーで参加者に紹介してもらう方が確実。

私もワクワクメールで、セックスサークルを紹介してもらいました。

クローズドな空間で開催されているので、セックスサークルの実態を掴むのは難しいです。

セックスサークルに初参加した体験談

ここからは先日、私が実際にセックスサークルに参加した時の体験談になります。

未経験な方へのヒントになると思うので、参考にしてもえれば幸いです^^

以前からセックスサークルに興味を持っていたのですが、ある日ワクワクメールで以下の女性を見かけました。

ワクメでサークルの会員を募集していた女性

ワクメでサークルの会員を募集していた女性

  • 主催者は30代の仲良し主婦グループ4名
  • 女性は固定だが参加男性は流動的。必要に応じて出会い系で探している
  • 場所はAirbnbで手配した一軒家
  • 会費は宿泊費と飲食費+女性の交通費を含む総額を男性参加者で割り勘
  • 18時集合、19時プレイ開始。翌日7時終了。8時解散(途中退場は禁止)

この日は女性4名、男性5名の構成で、会費は男性一人当たり28,000円。

宿泊と飲食込みなら安いかな?
という印象ですが、まとまった出費は必要ですね^^;

セックスサークルに参加するまで

サークルに参加するまでの流れです。

  1. ワクワクメールで主催者にメールをして返信を待つ
  2. 返信メールに質問項目がいくつかあり、それに答える
  3. 後日、ZOOMで面談をされ、詳しい話を聞かされる
  4. メールで参加要項が送られて来て、具体的な集合場所と日時の連絡が来る

正直、結構手間がかかりました(笑)
主催者は普通の主婦みたいだし、安心できる男性を選んでいるのでしょう。

サークルの説明と参加者の面々

指定された場所に着くと応接室的な部屋に案内され、当日の流れや注意事項の説明を受けます。

サークルのルール
  • スマホの持ち込み禁止(撮影、個人的な連絡先の交換禁止のため)
  • コンドームの着用
  • セックスとトイレの後はシャワーを浴びる
  • リビングでのセックス禁止、寝ている人は起こさない(後述あり)
  • その他、主催者の指示に従う事

スマホを預けると、着替えとタオルを渡され浴室へ向かいます。
ちなみにスマホは撮影と外部連絡を防ぐ以外に、途中退場を防ぐ目的もあるよう。

その後、パーティールームに行き…
既に到着していた参加者と自己紹介を兼ねて世間話をしながら開始時間を待ちます。

参加者は特筆する事もないぐらい普通の人ばかりですが、年齢層は広い印象。

若い男性は20代前半(大学生)で、一番年上の男性は40代後半(会社員)の人。

男性が参加した理由の多くは下記。

「彼女や配偶者には内緒で、刺激的なセックスを楽しみたい」

女性は下記で、わかりやすい理由でした。

「身近な人と浮気をするよりリスクが少ないので、信用できる仲間とサークルを作ってセックスを楽しんでいる」

旦那さんが出張や単身赴任で、欲求不満がたまっているセレブな主婦の集まり…という感じみたいです。

予定外の乱交プレイも経験

家は食事や会話を楽しむリビングスペースと、セックスをするプレイルームに分かれていました。

セックスをしたい相手を別室に誘ってプレイをする形になります。

19時の開始の合図と共に、まずは乾杯。
夕食と会話を楽しみます。

その後、なんとなくカップリングが出来たところで、1人の女性を誘って別室へ。

最初の相手とは約1時間、ごく普通のセックスを楽しみました。
で、シャワーを浴びてからリビングルームへ。

用意されたオードブルやお酒、栄養ドリンクの類(笑)をつまみながら休憩。
次の女性とプレイルームへ。

男性が1人余るので若干心配はしていましたが、その辺は主催者側でうまく調整してくれていたようです。

2人目の女性とセックスをする際、女性がもう1人の男性に声をかけ、ごく自然に3Pをしました。

0時を過ぎる頃までにコレを繰り返し、3人の女性とセックスをしてやっと一息。
他の人はテレビを見たり、仮眠を取ったりして思い思いに過ごしていました。

私もさすがに疲れたので、冷えたオードブルをつまみ食いして一眠り…

すると、夜中の3時を過ぎた頃。
本当はNGなはずのリビングルームでハプニングが発生(笑)

主催女性の1人が男性を誘ってフェラを始めたようです。

この時、私はリビングルームの隅にあるソファーで寝ていたのですが、女性メンバーの1人に声をかけられて目覚めました。

結局、その場で3対3の6Pが始まり、まさに乱交状態(笑)
(男性2名と女性1名は別室で仮眠中で起きず)

私はこの6Pの後、完全に寝落ちをしてしまい、気が付いたら朝の7時。

全員で部屋の掃除をしてから帰る準備をして、8時過ぎに順次、会場を後にしました。

複数プレイをした人たちと、その後に部屋の掃除(笑)
このギャップも、セックスサークルならではの体験でしたね。

セックスサークルの注意点

リスクの伴うサークルであることを理解しよう

最後に、セックスサークルに参加してわかった注意点をまとめます。

主催者が絶対的なルールである

参加前に参加条件やルールの説明がありましたが、細かいところで「あれ?」と思う事も。

6Pになった時など典型例ですね。

「セックスは専用プレイルームに限る」と聞いていたのに、結局リビングルームでやったわけだし。

寝ている人は起こさないという話でしたが、私は叩き起こされて6Pに誘われています(笑)

主催者が絶対的なルールで、何かと矛盾がありました。
矛盾・理不尽が苦手な方は、参加しない方がいいもしれません。

性病リスクが高い

複数人が一度にセックスをするわけですから、感染症のリスクが無いわけがありません。

フェラチオでも、ヘルペスや梅毒などの感染リスクはゼロではないです。
自己防衛は必要ですね。

基本的にコンドームの着用と、手洗いうがいは必須。

加えて、シャワーではちんこも念入りに洗いましょう

悪質なサークルもある

これが1番の注意点です。
中には「金銭を騙し取ることを目的にした悪質なサークル=業者」もいます。

その手口は「登録料」「審査料」「会費前払い」などと言って、先に金銭を支払わせた後に連絡が途絶えるパターン。

他には「参加には身分証のコピーが必要」と言って、個人情報を抜いて名簿業者に売る被害にあったりとか。

悪質な業者以外だと「スーパーフリー」のような、女性を騙してセックスをする団体もあります。
(一部で「輪姦/レイプパーティー」と称して募集を募っていた事例もあったようで)

ちょっとでも怪しいと思ったら、その場から立ち去りましょう。

大金を前払いさせる組織に良いものはありません。
参加料は現地で払うのが安全です。

まとめ

自分を解放できるサークルに参加してみよう
  • セックスサークルの参加者は、一般人ばかり
  • SNSで探すと、悪質業者に引っかかるリスクもある
  • 出会い系やハプバーで参加者に紹介してもらうのが最も確実

実際に体験した感想ですが、風俗やセフレとのセックスとは違う楽しみがありました。

これはこれでハマってしまいそうです(笑)

興味がある人は、この記事で紹介した団体へ連絡してみるのもいいでしょう。

ただし人気サークルに、男性が参加するのは困難。
出会い系やハプバーで、サークル主催者や参加者を探す方が確実性は高いですね。

次は緊縛プレイのワークショップに行ってみたいと思っています(笑)
書いた人:サトル
関東在住、30代の会社員。 大学時代にコミュ障を克服したくてナンパに挑戦し惨敗。 その後、恋愛心理学を学び実践したら、あっという間に100人斬り達成。 今では複数人のセフレがいるほか、出会い系でワンナイトセックスも楽しむ日々。 趣味は旅行と筋トレ。 モテる方法は知らないけど、ヤレる方法を発信中(笑)

コメントを書く(何でもどうぞ)

※コメントは手動承認となります。
すぐに公開されませんので、ご了承下さい。