遊び目的の人妻と出会って人妻宅でセックスできた体験談

人妻のLINE

こんにちはユースケです。
ネットでは、出会い系でなかなか思ったセフレに出会えない…という話を目にします。

実は自分もその一人で、登録してしばらく経ちますが…

なかなか定期的に会える人妻セフレに出会えません!

食事だけとか、ワンナイトで遊んだ事なら何回かあるので、全く出会えていない事もないのですが…

割り切りなら簡単に出会える…と言っても、それじゃ意味ないし…^^;

やっぱりエロい人妻を相手に、思いっきりセックスに溺れてみたいなーと感じます(笑)

気軽にセックスできるセフレ、僕も欲しいです!

(参考にした記事:人妻セフレを作る方法

プロフ検索で見つけた人妻とLINE友達に!

とは言え、大きな壁は「平日の昼間に仕事を休めない」という時間の問題。

仕事の都合で、デートができる時間は自然と平日の夜or土日に限定されてしまいます。

私は一応ちゃんと働いているし、これでも会社ではそれなりのポジションです(笑)

そこで発想を変えて、共働きの人妻を狙った事もありますが…

やっぱり憧れは「専業主婦」。

旦那さんが働いている時間に内緒でムフフ〜♪って、男の夢じゃないですか?
あと、人妻のお宅訪問とかリアルに経験したいですね。

そんな願いを叶えてくれる風俗なんてないし、お金で解決するならとっくにやっています。

そこで今日も地道にワクメで美味しそうな人妻を探すことに。

出会い系で理想の相手を探すのって、意外と地道で根気のいる作業なんですよね…^^;

今回もいつも通り、アダルト系の掲示板に投稿&プロフ検索で作戦を進めていきます。

すると、ピン!と来るプロフの女性を発見。
30代半ばで既婚者、体型はややぽちゃ…。

悪くありませんし、「秘密のおつきあい希望」という一言コメントもぐっときます(笑)

ワクワクメールの詳細プロフ

 

ワクワクメールの一口コメント

普段はいきなりプロフからメッセージを送ったりはしませんが(成功率が低いので)今回ばかりは直感優先。
速攻でメッセージを送りました。

ダメで元々…と思っていたので、過度の期待はしませんでしたが…
後日「LINEからでもよければ…。」との返事が。

「メル友からスタート」のパターンは出会ってしまえばセフレに続く可能性も高いので、テンションが上がりました♪

土曜の昼下がりに人妻とカフェデート

仕事の合間を見ながらメッセージのやり取りをするようになって1週間ちょっと。

どうやら結婚して早々にセックスレスになり、欲求不満気味だった事がわかりました。

主婦のライン

なので、もちろん子供も無し。
平日の日中はパートには出ているとのこと。

基本的に専業主婦…と言う事で間違いなさそうです。

会う事を考えた際に一番肝心だった、平日じゃなくても大丈夫か?と言う点もあっさりOK。

旦那さんが忙しい人らしく、週末も留守にする事が多いので…

「土曜日ならいいですよ。ダメなのはお泊まりぐらいです。」との返事。

主婦のライン

スリーセブン、リーーーチ!!!

…例えがパチスロでスミマセン^^;
でも「主婦」「土曜日OK」…とくれば、後もう一歩でフィーバー突入!
テンション上がりますよねぇ♪

勢いのまま「今度の土曜日ってどう?」と聞いて見たところ。

ちょうど新宿に行く用事がある…と言うので、ランチデートをする約束が取れました。

昼過ぎ待ち合わせなら、夜までゆっくりする時間もあります。

早速、待ち合わせのカフェの住所確認と周辺のラブホ情報をチェック(笑)

そして待ち合わせ当日。
指定されたお店に向かいましたが、土曜の新宿はさすがに人が多いですね…。

新宿駅

 

晴れた新宿

南口改札を裏通りを抜けて、高島屋方面へ。

こんな天気のいい日に人妻と待ち合わせなんて最高の休日です!

待ち合わせのカフェ

約束のカフェの前で「店の前にいますよ〜。」とメッセージを送ると、既に到着してくつろいでいる…との事。

主婦のライン

店の中へ入り店内を見渡すと、お目当の人妻らしき人を発見!
早速声をかけます。

「こんにちは。○○さんですか?ユースケです。」

「あ、はじめまして。○○です。え〜…っと。なんか緊張しますね(笑)」

「そうですね(笑)でも、優しそうな人でよかったです。ってか、若く見えますよね。」

「そんな事ないですよ。もう、おばさんです。」

と、お世辞抜きに30代半ばにしては若い見た目と「緊張する」と言っている割に、リラックスした態度。

絶対、遊び慣れているだろ!(笑)

最初は緊張しましたが、食事をしながら世間話で盛り上がり。
デザートが出て来る頃合いには雰囲気もいい感じに。

スイーツの写メを撮ると同時にカメラを向けると照れ笑いをしながらも、しっかりピースサインを頂戴しちゃいました。

主婦のピース

 

身体だけの浮気は浮気じゃない?

もはや勝てる気しかしなかった流れでしたが、驚いたのがここから。

「川口なんだけどさ…。6時ぐらいまでなら大丈夫だから…。うちに来ない?食事だけって話だったけど…。」

来たぁーっ!スリーセブンッ!!

上手すぎる話に、一瞬「美人局的なアレか?」と嫌な予感が脳裏を横切りましたが…
同時に長年夢見ていた人妻のお宅訪問。

このチャンスは逃せません(笑)

電車に乗って約20分。
そんなに遠くないんだな…と思っている間も無く、駅に着き彼女の家へ。

途中にあった横断禁止標識の「わたってはいけません」の文字が現実世界とエロドラマの世界の境界線のようにも見えました(笑)

わたってはいけませんの横断禁止標識

憧れの人妻宅は某マンションの一室。
生活感がアリアリと…というか、ちょっとは掃除しておけよ…という第一印象。

旦那さんの生活用品も目につき、新聞や雑誌も片付いておらず。

リアルな人妻の生活ってこんなものなのかもしれません…^^;

「○○さんは出会い系で知り合った人をよく家に連れてきたりするの?」

「う〜ん、たまに…かな?さすがに大丈夫そうな人を選んでいるけど…。」

「旦那さんがいるのに悪い人妻だね。さすがに我慢しろ…とは言わないよね?」

「その代わり、私のお願いも聞いて。これから下の名前で呼び捨てにして欲しい。あと…。」

遊び慣れている常習犯の人妻とわかり、万歳三唱したい気分です!!!

リクエストをざっくり整理すると…

どうやら旦那さんとセックスをしていた時のプレイを再現して欲しいご様子。

命令されたり軽く拘束されたり、M気質が強いようです。

さらに、自宅でエッチをするというのが彼女にとっては重要なようで。
脳内では理想(?)の旦那さんに抱かれている妄想を膨らませているようです。

え〜っと、バーチャル・ハズバンド(仮想旦那)ですか?

心中は複雑でしたが、チンチンは正直にフルボッキ。
ここまで来て引き下がれないし、引き下がる気もないので、まずは脱ぐように命令します。

主婦の乳首

すると、嬉しそうに「××(旦那の名前)…見て…。」と本来の配偶者の名前を漏らす人妻。

それを聞いた途端、なんか怒りに似た感情が湧いて来てしまい、つい口調も荒くなってしまいました。

「ほら、咥えろ。チンコなら何でもいいんだろ?」

「…そ、そんな事ない…。欲しいのは××(旦那の名前)のぉ…。」

「いいから、さっさと咥えろよ!」

チンコを出すと一心不乱に咥え込んで、いやらしい音を立てながら気持ちの良い所を攻めて来ます。

主婦のフェラ

一瞬、意識が飛んでしまいましたが、ギリギリの線で暴発を堪えて次の命令を…。

「おい、ケツだせ!」

「…は、はい…。」

嬉しそうにかつ素直にバックの姿勢をとりマンコを初対面の男に突き出す人妻。

携帯していたゴムを付けて後背位で入れると、低い喘ぎ声に混じってやっぱり旦那さんの名前が入り混じります。

だんだん自分も「あぁ、この人はこういうプレイが好きなんだな」と思う事にして、彼女の名前を呼びながら攻め立てます。

よっぽど嬉しかったのか「あ、あっ、好きぃ…。」と、よがり声を出しながら身体を真っ赤にして興奮する人妻。

バックでセックス

 

喜んだのも束の間…。連チャンならず。

時間も17時半を過ぎて。
さすがに旦那さんが帰宅する前には撤収をしないと…という事で、早々に身支度を整えて人妻宅を後にします。

短い時間でしたが充実感は半端なかったですね♪

と同時に「これで憧れだった人妻セフレゲット♪」と内心、踊り出したくなるぐらいの足取りでした。

駅前に着くとすっかり暗くなり、ネオンにも灯りが付いています。

夜の新宿

家路を急ぐ人の姿も見えましたが…

「もしかしたらあの中に××(旦那さんの名前)がいるのかな?」

なんて考えると、背徳感と優越感でニヤニヤが止まりません。

ちょっとメンヘラチックで仮想の旦那扱いをされていたのは気になるものの…

初めてのセフレゲットに祝杯をあげたい気分です♪

しかし。

そう思っていたら翌日には音信不通になり、あえなく撃沈。

パチスロ同様、連チャンってしそうな時ほど続かないですねぇ…(泣)