出会い系で会った熟女が貧乳どころではない超貧乳ww

出会い系の超貧乳人妻

ある日に仕事の予定が急にキャンセルになり、平日の日中に時間が空いてしまった時。

会社に連絡をしたら取り急ぎの仕事がなければ半休扱いにしてくれる…という事で好意に甘えさせてもらう事に決定。

束の間とは言え貴重な自由時間をゲットしたので、特に予定は決めていませんでしたが…

とりあえず横浜駅行きの電車に乗り込みました。

出会い系ノンアダルトに潜む素人を狙い、ピュア系に投稿

電車の中でワクワクメールの掲示板に、

「誰かご飯でも食べに行きませんか?」

と書き込んだのがスタート!

出会い系に書き込み

私は「すぐに会いたい」のジャンルに書き込まないで、あえてピュア系カテゴリに書くようにしています。

もちろん、そして、下心が無いわけじゃありません。

これにはちゃんと理由があって、業者やセミプロを避けるため…と言うのもありますが。

経験上、ノンアダルトで出会った女の子の方がよっぽどエロい傾向があるんです。

条件付きの人に比べると出会える確率はかなり落ちるけど、出会えた時の当たりはデカイんです。

そして、平日の日中は主婦層を狙うにはベストな時間帯…(笑)

今回は書き込んで直ぐに反応があり、びっくりするほどスムーズな流れで30代後半の熟女と会う約束を取り付ける事に成功しました!

「今、横浜駅近くにいます。ご飯を食べながらおしゃべりして気分転換がしたいです」

というメッセージ。
普段はパートで事務員をしている人妻…との事。

この日はたまたま休みで、同じように束の間の自由時間を満喫するべく相手を探していたような感じでした。

プロフィールを見ると、スレンダー系熟女…と言ったところでしょうか。

胸が無いのがコンプレックス…と、わざわざプロフィールに書いてありましたが、小柄でスレンダーな感じが自分的にはストライク。

 
「何時頃まで会えますかー?」

「子供が学校から帰って来るまでに戻れれば大丈夫だから、16時ぐらいには」
 

…奥さん、まだ昼前ですよ?

この時点で、ほぼ確信犯とみて良いでしょう!

念のため、条件付きかどうか確認すると

「お金貰って出会うのって抵抗あるんですよね…。」

待ち合わせにやってきた貧乳人妻

待ち合わせは横浜ビブレの前が良い…
という事だったので、西口に降りて待ち合わせ場所に向かいます。

人通りも多い場所だと知り合いに会う可能性が高い気がしますが。

逆に知り合いに会っても誤魔化しやすい…と言ってたので、結構遊び慣れているのかな。

遊び慣れてるなら自分としても好都合だけれども、実際に会うまでどうなるかはわからないのが出会い系。

すっぽかされた事も数知れません(笑)

「もうすぐ着きますか?」

「今、BOOK OFFにいるのですぐに行きます。ジーンズに白いシャツ。茶色のニットを羽織っています」

もうすぐ会えるこの瞬間は一番緊張する時間です(笑)

スレンダーな熟女が来るのか?
小柄なおばさんが来るのか?
まさかの冷やかしか?

横浜駅周辺で待ち合わせ

5分後に「○○さんですか?」と声をかけられ、振り向くと一気にテンションが上がりました!!

30代後半にしては若く見え、化粧はナチュラルメイクで服装も落ち着いて清潔感もある。

顔立ちはハッキリしていて、特に口元にはエロさも感じさせました。

 
「××さんですか?はじめまして。メッセージありがとうございます」

「私も暇してて、お昼ご飯どうしようかな?と思ってた所なので…。でも、普通の人でよかった」

「僕も、急に予定空いちゃって。独りで食事に行くのもな…と思いまして。普通のおっさんですけど大丈夫ですか?」
 

近くにあるカフェでも行こうかな…と思っていたら「家系ラーメンを食べてみたいです!」とのリクエスト。

女性一人じゃ入りにくいから…との事で、そのまま近くにある「家系総本山」という看板を出している店に向かいました。

あれ?こっちの方向ってホテルが近くなかったっけ?

エロい妄想を抱きつつ、ラーメン屋に入店。
貴重な自由時間に独りでラーメンを食べる事もないけど、女性と一緒なら全然ありですね。

ラーメン屋での食事は短時間で済むのでメリットは大きいですね。
この時点で制限時間の16時までには3時間以近くあるので、ゆっくり休む事は可能。

無駄な時間はありません。
店を出て、

「時間がまだあったら休みがてら、川の方でも行ってみませんか?」

「私も、食べ過ぎちゃったのでちょっと休みたいです」

で国道から路地に入ったタイミングで手を握ったら、そのまま握り返してきて…

はい確信犯決定!(笑)

出会い系の超貧乳女。だかエロさは超一流!

そのまま何も言わずスムーズにホテルへ。
部屋に入ると「なんだか急に照れてきちゃいました」と言いながらも完全にスイッチオン。

その証拠に、モジモジしながらも赤くした顔と視線は色気ムンムン。
いきなり抱きしめてキスをしても嫌がる事なく。

逆に激しく舌を絡ませてきて欲求不満だったのが手に取るようにわかりました。

抱きしめると…うん、確かに胸は無いな…(笑)
ベッドに押し倒してそのまま服を脱がせます。

確かに脱がせて見るとブラパッドが無いと貧乳…というより超貧乳といった方がしっくりくるほど。

でも、形の崩れた巨乳よりも感度も肌ツヤも良く、決して悪いものではない!

「胸が小さい女性の方がホルモンの関係で性的な事に積極的な傾向があるんだよ」

医者をやっている友人が言っていた事を思い出しました。
この奥さんは積極的なタイプと理解して良いのかな?(ニヤリ)

貧乳人妻とラブホ

実際、ベッドの中では自分から手足を絡ませてきたり、何も言わないのに口で気持ちよくしてくれたり…と、かなり積極的なタイプ。

熟女と言っても、細身で崩れていない体型が非常にエロい。

特に騎乗位にすると身体のラインが強調され、逆にコンプレックスだという胸も、貧乳や微乳というよりも「美乳」と言いたくなるほど。

これで本当に子供がいる人妻なの?

そう疑いたくなるほどエロい光景でした。

そのまま2回戦も楽しませて貰って、後は時間までのんびりタイム。
家や仕事の愚痴を聞いたり趣味の話を聞いたり。

相手が満足してくれると、男としても自尊心が満たされますねー!

あまりのスムーズな展開にこんなオイシイ事もあるんだなと、目の前の光景が現実に思えませんでした。

出会い系の貧乳女とは、一回限りで終了

時間もそろそろ…という事で着替えて帰り支度をする事に。

「またタイミングが合う時に会いませんか?」

そう聞いたら、

「これは今日だけの事だからね。またサイトで見つけたらメッセージするね」

連絡先の交換はあっさりと断られました。
頻繁に会うとお互いに情が出てしまうから駄目…だそうです。

やっぱり遊び慣れている人でしたね(笑)

見送りも不要…という事でそのまま解散。

帰りの電車の中でスマホを見ると「今日はありがとう。たのしかったよ。」と短いメッセージが一通だけサイトに届いていました。

出会い系には色々な人がいるけど、たまに今回のような割り切りではない「本気で遊びたい人」がいるから面白いよなぁ…と。

割り切りで遊ぶのも悪く無いけど、ノンアダルトに潜む本気で遊びたい、大物と言えるタイプの人と出会えた時の面白さを知ってしまうと…

まだまだ出会い系はやめられそうにありません(笑)