あなたの手マンは間違いかも?気持ちいい手マンのやり方を解説します!

中イキさせる方法!コツと体位を女性が徹底解説あなたが思い込んでいる手マンは間違いだらけ!?正しい手マンの方法【体験談付き】

セックスにおいて、手マンがうまいかどうかは女性にとって重要なポイントです。

手マンがうまければ女性に快感を与えられますが、女性目線でお伝えすると正直、男性のほとんどが手マンベタ。

「手マンをして濡れれば、すぐに気持ち良くなるだろう」
「手マンのテクニックは、指を高速で動かすこと!」

そう思い込み、力任せの手マンをする男性が少なくないんです。

高速の手マンで濡れたからといって、必ずしも気持ちいいわけではありません。

「濡れる」という反応は、体の防御として現れることもあるからです。

そこでこの記事では、女性の私が本当に気持ちいい手マンのテクニックを紹介します。

よりセックスを楽しむためにも、気持ちいい手マンのやり方を知ってくださいね。

女性の本音をお伝えするので、AVを参考にするより役に立ちますよ!

間違った手マンのパターンを紹介

こんなにある?間違った手マン

手マンとは、デリケートな女性の体内に手を挿入する行為です。
それなのに、間違った手マンをする男性が多いです。

だからこそ「手マンは痛い、怖い」と、手マンを恐れる女性は少なくありません。

間違った手マンをしないためにも、まずは爪を清潔にしておくことが必須。

指を綺麗に洗い、爪をしっかり切り、やすりがけも行いましょう。

その上で下記動画を参考に、手マンの間違ったパターンを説明します。

前戯をしない

女性の膣は、丁寧な愛撫やキスがあると安心して濡れていきます。
それなのに、前戯なしでいきなり膣に指を挿入しても痛いだけ。

膣に挿入する行為は、しっかりと膣を濡らしてからですね。

濡れにくい相手の場合は、ローションを使うのがベターです。

ローション
ローション

 
唾液で指を濡らして挿入する男性もいますが、唾には雑菌が含まれます。

膣内で雑菌が繁殖し、臭いや、カンジダ症の原因にもなる場合があるので注意してくださいね。

 

スピード・力重視

AVでよく見かける、高速手マン

力強くスピードの速い手マンって、実は尿道付近を無理やり押され、痛みによって感覚がなくなります。

「潮吹き=オーガズム」と考える男性は多いです。

https://twitter.com/5y0____24/status/1406068898839949316

たしかに結果的に潮吹きをすることもありますが、「潮吹き=オーガズム」ではありません。

高速手マンで潮吹きをさせると、膣内から出血するリスクもあります。

複数の指での高速手マンは痛みを感じさせるだけなので、やらないようにしましょう。

高速手マンって女優も気持ちよさそうにしているし、やりたくなる気持ちはわかりますが実際は微妙です!

いきなり指を複数挿入する

ペニスを挿入する前に、膣内をほぐす用途で指を徐々に増やしていくのはあり。

しかしまだ膣内がほぐれていないのに、複数本の指を入れるのはNGです。

指の本数を増やせば、気持ちいいわけではありません。
女性が怖がってしまい、膣もこわばってしまいます。

手マンは指一本でも、性感帯に当たれば十分に気持ちいいです。

指を入れる向き、角度が適当

手マンの挿入角度が適当だと、痛みを感じてしまいます。

下記の挿入だと、膣内の構造にあいません。

  • いきなり斜め下に向けて挿入する
  • 手の甲が上にある状態で挿入する

挿入時は手のひらを上に向け、指の腹がお腹側へ這わせるように、ゆっくりと挿入するのが基本です。

指を中で回転させる

手マンのやり方として「中で回転させる」と書く記事を見かけます。

そのためか、指を中で回転させる手マンをする男性がいます。

しかし回転技で気持ち良くさせるには、以下の条件が必須。

  • 信頼関係が築かれている
  • パートナーの性感帯を熟知している
  • 摩擦により、膣内を傷つけるリスクがある
高度なテクニックなので、初めての相手にはおすすめできません。

間違えた場所を刺激し続ける

「適当に指を動かせば大丈夫でしょ?」

性感帯を無視して、こう思うのはNG。

膣内には、代表的な性感帯があります。
Gスポットポルチオ性感帯などですね。

女性の性感帯を把握していなければ、女性は感じません。
さらに性感帯の位置や感度には個人差があります。

女の子の膣内を優しく探りながら、的確な場所に当てていきましょう。

ただし正しくGスポットやポルチオ性感帯を触れていても、性感帯が開発されていないことも。

未開発の性感帯は刺激されても気持ち良くないので、開発から始める必要があります。

繰り返し刺激を行えばイケるわけでもないです。
いきなり性感帯を刺激し続けるのはやめましょう。

女性によって、感度は人それぞれ。
相手の反応をよく見ることが大切です。

女性が気持ち良いと思う手マンのポイント

こうすれば気持ちいい手マンができる!

ここからは私自身の体験を通してわかった、女性が本当に気持ち良くなれる手マンについて説明します。

エッチな姿勢をとる

「エッチなことをされてる!」

手マンされているときにこう思うと、気分もあがるもの。

  • ソファーなどに斜めにもたれて、M字開脚させる
  • 四つん這いなど、恥ずかしいポーズをとらせる

上記のような羞恥心を感じさせるポーズをとらせると、女性はより気分が盛り上がります。

キスとの同時攻め

手マン中は、キスをすると女性をすごく感じさせられます。

キスや胸への愛撫など、前戯にしっかり時間をかけましょう。
そうすると、膣も受け入れ態勢バッチリになります。

あわせて、髪や耳への愛撫なども行うと効果的です。

Gスポットを的確に刺激

女性が気持ち良くなれる手マンのポイントは、Gスポットを的確に刺激すること。

[Gスポットとは]

Gスポット
Gスポット

 
恥骨の裏側当たり、膣口から約4㎝ほど入ったところのお腹側を触ると、ざらっとした箇所に当たります。
 
これがGスポットです。
 
女性によってGスポットの場所はずれているので、根気よく探しましょう。

 
Gスポットは性的な刺激を受けると、ぷくっと膨らんでくるのが特徴です。

このGスポットなどの性感帯を、ぐーっと圧迫刺激してあげるとイカせられます。

膣内の刺激も気持ちいいと感じるものの、イケるほどではない女性もたくさんいます。

その場合は、クリトリスなどの感じる場所と同時にGスポットを刺激しましょう。

「Gスポットが気持ちいい」

そう脳を錯覚させると、中イキできるようになりますよ。

力加減が優しい&前後に動かす

手マンでオーガズムに導くためには、スピードも強い力も必要ありません。

女性が気持ち良いと感じる、一定の刺激とリズムを継続するだけでいいんです。

私自身、指の腹で優しくこすられたほうが安心して快楽に身をゆだねられます。

優しい力加減で、指の腹を前後にゆっくりと動かしましょう。

上手な手マンの動かし方のポイントは以下。

  • 指は膣に密着させる
  • 優しく押したり、左右に軽く揺らす

ピストンの刺激ではなく、手マンは上下に圧迫する刺激を行うのが正解。
ぐっぐっと優しい圧迫を繰り返しましょう。

気持ち良いところに当たると、女性から反応があるはずです。

【実録】最高の手マン体験談

女性の写メ

 
私が今でもおかずにしてしまうほど最高な手マン体験をしたのは、20歳の時。

オナニーではイッたことがあるものの、セックスでは一度もイク経験をしたことがありませんでした。

そんなある日、当時出会い系をしていた私は、あるメッセージに反応しました。

「痛いことはしません。絶対にイカせます」

「絶対にイカせる」というSさんに興味を頂いたのです。

Sさんは出会い系アプリの中で、頻繁に日記を更新。
エロくてとっても気持ちよさそうな内容でした。

「痛かったらすぐに中止します」とも書いてあります。
私は好奇心を抑えきれず、Sさんに連絡してみました。

実際に会ったSさんは、30代中頃の普通の男性。

お風呂でシャワーを浴びた後、ベッドに横になりました。

「それじゃあ始めますね」

Sさんはそう言いながら、私の首にキスしてきました。

たっぷりとキスをされ、おっぱいや背中を撫でられ、それだけでかなり気持ち良くなってしまいました。

20分もそうやって触られていたでしょうか。
私のあそこはもうトロトロに。

Sさんはローションを取り出すと、私のあそこに塗りたくります。

「もうここドロドロだよ?」

笑いながら手マンを開始。

ゆっくりと1本指が入ってきた次の瞬間、思わず私は「あっ!」と声をあげてしまいました。

「え、なにこれ!?どこ触ってるの!?」

わけがわからず必死にSさんに尋ねても、Sさんは無言で指を動かしていきます。

「ああっ、あっ、あっ」

自分でもびっくりするような声が出ました。

Sさんの手マンはとにかく一定のリズム。
ポンポンと気持ち良い場所を圧迫してくれるのですが、それがすごく気持ちいいんです。

たまに微妙にリズムを変えたり、違う場所も触るのですが、Sさんはそうやって私の性感帯を探っているようでした。

その間も、Sさんは私のクリトリスを触り続けています。
私は快感に溺れてしまいそうになりました。

そのまま気持ち良い手マンは続き、Sさんに激しいキスをされながら手マンされていたときです。

急に、ぎゅーーーっとなにかがこみあげてきて…。

「あ、イク!!」

そう思った時には、果ててしまっていました。

体がビクンビクンと痙攣し、私はその場でぐったり。

その後、挿入もしましたが、手マンの気持ち良さであそこはトロットロ。
何度もイッてしまいました。

今でもあの日のことを思い出すたび、ドキドキしてしまいます。

まとめ

手マンを極めれば中イキできる
  • 間違った手マンをする男性は多い
  • 手マンの一番のポイントは「女性に警戒されない」こと
  • 気持ち良くさせるには、Gスポットを的確に刺激にしよう

「痛いことをされるんじゃないか!?」

一瞬でもそう思ってしまうと、女性は手マンで気持ち良さを感じなくなります。

手マンで気持ち良くさせるには、そーっと壊れ物を触るように扱う事。
優しく膣内を愛撫してみてください。

女性の反応も確実に変わるはずなので、試してください!

あなたも手マンのテクニックを磨いて、女性を気持ち良く中イキさせてあげてくださいね。